ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カテゴリ:生活( 233 )



2週間、日本へ行っていた旦那が戻ってきたと思ったら、その2日後には旦那姉の子ども2人(16歳と10歳、共に男子)が3泊4日でやってきました。

いやー、男子、よく食べるねー。
あっという間に家がカオスになるねー。

苦笑

坊と遊んでくれるのはとても有難い。


しかし、食料調達係の私としては、買い物が全然追いつかない!

普段、うちでは食パン一袋買うと、2週間近く持つのに、1日でなくなる!

普段、牛乳は私が紅茶に少し入れるだけ(1日2回)なので全然減らないのに、1日でなくなる!

今までうちにあっても誰も食べなかったお菓子(チョコレートとか)をボールいっぱいにしてテーブルの上に出して置いたら、10分後には全部なくなってるし。

すごいなー。

この2人に水球選手の女の子が加わる姉宅の、エンゲル係数はいかに。


うちの坊も、そのうちこんなに食べるようになるのだろうか。


この話を近所のママにしたら、

「私も10代の時、朝ごはんにパン(Brotchen)を6つとか食べてたー」

と言っていました。

(30代後半の私は1つでお腹いっぱいになる)


自分がティーンのときもこんなに食べていたのだろうか。


食べ盛りのお子さんがいらっしゃるお宅、リスペクト!

坊のいない間にスイーツ量り売りに。
b0249902_20040749.jpg


アイスはチョコアイス「3」スクープに生クリームたっぷり+チョコレート&キャラメルソースの掛かったものを、1スクープずつの坊と私より早く食べる
b0249902_20040715.jpg


1日は坊が幼稚園を休んでTechnoseum に連れていってもらいました。
b0249902_20040859.jpg


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
by new_message24 | 2017-04-21 19:53 | 生活 | Comments(2)

しばらくブログを更新できませんでした。
・・・というのも、旦那が旦那兄①(5人兄弟)と2週間、日本へ旅行に行っていたため、坊との2人の時間を必死に埋めるべく、色々予定を入れたら、入れ過ぎて超多忙になっていた、という。

2週間、長いかと思ったけど、あっという間でした。
(本当は我々も一緒に日本へ行く予定で立てた計画ですが、どっちみちまた夏に帰るし、色々旅行するのに坊がいたら足かせになるだろう、ということで今回はお留守番)

旦那がいないときに限って、体調を崩したりもしたけれど、近所の人たちに助けて貰ったり、予定がないと恐ろしく長いドイツの日曜日&祝日(※お店が閉まるため)も、お友達をうちに呼んだり、お呼ばれしたりして、楽しく過ごしました。

この2週間の間に自分の誕生日もあったり。

イースター休暇前から天気が崩れてまた冬みたいな温度になってますが、それまではすごくいいお天気続きで常に20度以上みたいな理想的な気候でした。

なんで、誕生日パーティーもお庭で出来てよかったです。
b0249902_18525241.jpg

b0249902_18525351.jpg

b0249902_18525358.jpg



・・・無計画に人を呼んだ結果、20人超になってしまい、狭いうちでは息苦しすぎるので。。。

しかも、参加者のうち半数は4歳以下(最年少、生後3週間!)で、さらに室内にいるとカオス!になるので。。。

いつも通り、まずはケーキで、その後軽食スタイル。
b0249902_18525441.jpg


軽食は夕方、うちの中で食べましたが、私がキッチンに消えた5分間で、リビングが台風が去ったあとみたいになってました 笑
キッズの破壊力、半端ない!笑

お花をはじめ、色々プレゼントも頂き、ありがたや、ありがたや。
b0249902_18525496.jpg



ちなみに、頂いたプレゼントのうち2つが、「マッサージチケット」だったのですが、私はそんなに疲れているように見えるのだろうか・・・苦笑




予算を極力抑えて、という旦那兄①のリクエストを受け、某アジア系航空会社C社で飛んだ旦那兄弟。

帰りの便が4回も変更になり、最後は麻婆豆腐の町で12時間のトランジット待ちに。
しかも、超旧型(エンターテイメントシステムすらついていない、という)の飛行機で、超狭く、そして色々不快な思いをしながらようやくイースターの日曜日の早朝ににフランクフルト空港に到着。

そして・・・ようやく我が家に着いたと思ったら、即、イースターエッグ探しに突入 笑
b0249902_18525596.jpg

b0249902_18525588.jpg



パパ大好きな坊が、放っておく訳はなく、それからの祝日2日間は、ハイパー元気な坊×クタクタな旦那の楽しいコラボ(?)が我が家で見られました。

(私は2週間の疲れを癒すべく、昼寝したり、旦那誕生日のケーキを焼いたり~♪)
b0249902_18525657.jpg



旦那不在の2週間、正直「楽」でした(笑)
坊も、片親だけの時の方が言うことを聞くので・・・。

しかし、やはり、家族が一緒がやっぱり一番ですね♪(←ということにしておく)

◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村



[PR]
by new_message24 | 2017-04-18 18:46 | 生活 | Comments(2)

冬中家族内で唯一元気だったのに、春先に弱い自分、今年は胃腸にきました。

幼稚園でも胃腸ウイルスが流行っているようで、坊には手洗いうがいを徹底させていたのですが。

こういうときは、何も食べないに限る!が私の治し方ですが、ドイツで胃腸をヤラレタときに摂るのがこちら。
b0249902_22535297.jpg

★コーラ
★ツイーバック(ラスク)
★小さいプレッツェル
★フェネル茶

ちなみに小瓶はホメオパシーのokoubaka。
上の階から貰い、摂取してみたところ、効果テキメン!
これはうちでも常備しよう、と早速ネット薬局でポチッとしました。


お腹を壊してコーラ〜!?
とか思うかもしれませんが、案外いいんですよ。あと、吐き気とかにも。

私はこのドイツ流食事療法&日本から持参している梅肉エキス&お粥+梅干で胃腸系は治しています。
b0249902_02404953.jpg



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2017-04-04 18:43 | 生活 | Comments(2)

第2子出産ヘルプ


第2子を妊娠中だった友達が先週無事出産しました。

2012年
もともと旦那同士が会社の同僚ということで知り合った彼女。
(当時お互い子なし)

2013年
まず私が坊を出産し、その4か月後に彼女も長男君を出産。

2014年
うちが引っ越したあと、そちらも引っ越し
(家が徒歩5分圏内)

2016年
坊が幼稚園入園、その4か月後に同じ幼稚園に長男君も入園


・・・とまぁ、全く同じようなライフイベントをほぼ同時期に体験していて家族ぐるみのお付き合いです。



彼女の両親は車で2時間弱のところに住んでおり、また高齢のため出産ヘルプは物理的に難しいとのこと。
旦那さんは外国人なので、ご両親はドイツにはおらず。

長男君が慣れていて、預けても大丈夫そうな家、ということで、出産スタート時にはうちに連絡がまずくることになっていました。


予定日より10日早い平日夜19時。


電話キターーーーっ!



今、破水したので、あと1時間くらいしたら長男君を旦那さんが連れていく、とのこと。
そして、今夜はうちに泊まらせてくれ、と。


内気で人見知りするタイプの長男君。
うちに遊びに来てもいつもお母さんにベッタリなので、本当にうちに来て泊まれるのか、という不安を覚えながらも受け入れ準備開始。


・・・最悪、私が病院に連れて行って、一緒に待合室で遊んで待って居よう、という算段で。

(※あくまでも旦那さんは出産立ち合いの意向)

旦那さんに持たせた非常食キット。
うちは出産に至るまで時間が掛かり、当時付き添ってくれた旦那&私の母がお腹すいたんじゃないかとずっと気になって仕方がなかったので 笑

(結局、あれよあれよという間に生まれ、後日お祝いに行ったキッズ3人にこれらは消費されましたが ←うちの子含む)
b0249902_16514204.jpg


うちについてしばらくは、パパから離れようとしませんでしたが、既に布団に入っていた坊のところに長男君を連れて行くと、お泊り会的な雰囲気が盛り上がり、一気に坊と寝るムードに。


結局、坊はいつも通り布団で、長男君はReisebett(旅行の時につかう折り畳みのベビーベッド)に寝て、ドリーのCD聞きながら眠りについてくれました。



夜中、目が覚めて大泣きされたらどうしよう・・・と私はハラハラで、1時間おきに目が覚め、寝た気がしないまま朝に。

ボーイズは、母の心知らずで、めちゃくちゃよく寝てました 汗 ←ホッ



一緒に朝ごはんを食べ、私は2人分のお弁当をそれぞれに持たせ、一緒に仲良く幼稚園へ。
b0249902_16524710.jpg

それにしても、子どものやるときはやる!という底力を目の当たりにしました。
ママがいない方が、シャキッと自分でなんでもする子の典型な長男君でした。


家族が近くにいない第2子出産は、また違ったドラマがあるな、と体験した一晩でした。




ちなみに次男君は夜中の1時過ぎにつるりと生まれ、翌々日にお祝いに病院へ行ってきました。

彼女の病室、私が坊を出産したときに泊まったのと全く同じ部屋の全く同じベッドだったので、なんだか思い出がフラッシュバックしました。

もうちょっと広かったと思った病室は案外狭く、出産後の私には高すぎて苦労した便座は全然普通の高さで、苦笑い。


いやー、しかし、あの新生児生活をもう一度やっている友達、尊敬です。
・・・私にはつらかった思い出しか残っていないわ(笑)





[PR]
by new_message24 | 2017-03-29 16:45 | 生活 | Comments(0)

今更ながら、今年の目標


1月も終わりかけですが、今年の目標についてです 笑


その1: 坊と2人で過ごす時間を増やすこと

すっごくハードル高い目標ですが(笑)、坊と2人だけで過ごす時間を増やそうと思います。
今でも毎日平日は幼稚園のあと14時以降はずっと一緒ですけど 苦笑

具体的には、2人だけで旅行をしようかと。

これまで2人だけでドイツ⇔日本の往復はしてきましたが、はじめての場所に2人だけで旅行したことはないので。

色々熟考した結果、去年は一人で行ったヨガリトリートに、今年は坊も連れていくことにしました。
(見つけたんですよ、ママと子のためのヨガリトリートを。ママがヨガ中、子どもたちには資格のある保育士がつくそうです)

あとは、次回の日本帰国は旦那抜きで。


この目標を立てた背景には、坊の日本語に対する危機感があって。
どんどんドイツ語ばかりが上達する坊。
パパがいると、どうしてもドイツ語中心の会話になってしまう・・・。

なので、自分への負担は増えること覚悟で、日本語強化のため、パパ抜き時間を増やしたいと思います。
(あ、でも、たまには一人時間も欲しい 笑)


その2: 文章を書く頻度を増やす

昨年まで、1か月に数回しか更新されていなかったブログが、ここのところ頻繁に更新されていることにお気づきの方もいらっしゃるかと・・・照

今年は、ブログも含め、もっと文章を書く機会を増やしたいと思っています。

記事を書くお仕事を細々とさせてもらっていますが、もうちょっと本腰いれたいなと。

なーんて、またすぐブログ更新頻度が減ったら笑ってやってください。
b0249902_19152143.jpg


以上、2つを今年の目標としたいと思いますー。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
by new_message24 | 2017-01-27 19:08 | 生活 | Comments(4)

ゴミ問題、続き


先日書いたゴミ問題の続きです。(→こちらの記事です)

これまでの袋からゴミ箱に直接捨てるスタイルになったリサイクルゴミ。

4週間に1回の回収のため、

「食品のパッケージ類はきちんと洗って捨てようと」
と主張する私。

「水がもったいないから洗わない。代わりに大きなビニール袋を中につけて使おう」
と主張するドイツ人ママ。

・・・結局、もう一世帯のドイツ人ママもビニール袋案に賛成で。
(全部で5世帯住んでいるうちの家ですが、1人暮らしの一世帯はここ数か月姿を見ないので、あまり住んではいないみたいです。あと1世帯は引退した初老のご夫婦で、こちらには意向聞いていない)

うちは何が何であろうときれいに洗ってゴミ捨てます・・・。
なんたって、この連日氷点下の中でも、ゴミ箱開けると臭いますから・・・汗


で、次に
「追加であと2つ、ゴミ箱を注文しよう」
という話が出てきており。

いやー、あと2つもいらんだろう!
だって、既にこんな感じですよ、我々の裏庭。
b0249902_19402179.jpg

ここにあと2つ!?


普段は細かいことをあまり気にしない旦那も、牛乳パックとかそのままの形で捨てる(たたまない)という横着をしておきながら、あと2つもゴミ箱追加するというのは如何なものか、と。

私も、我々のゴミの量に合わせて入れ物を用意するのではなくて、これを機に、ゴミを減らす努力をするべきだと思うのですが。

ドイツはエコでリサイクルも盛んなイメージがあるかと思いますが、決してそんなことはありません 苦笑


あと2台ゴミ箱が増えると、全部でリサイクルゴミ用のものは4台に。
そうすると、世帯数とちょうど合うので、1世帯1ごみ箱にしよう、と提案する予定です。

どの家がゴミ箱の大半を使っているかは、明らかなので・・・。


普段はご近所同士、仲もいいし、助け合っているのですが、ゴミに関してだけは、なかなか相容れない。
こういう日々の小さなことも、結構ストレスになります。

紙ごみのゴミ箱にも、段ボールをたたまないでそのまま捨てるの辞めようとーーーっ!と思います。
なんで、普段はちゃんとしている人たちが、ゴミになるといきなり無責任になるのか、不思議。
出したいように出せばいい、というものではないと思うのだけど。。。


我が家も、ゴミを少しでも減らせるよう、小さなことから始めていきたいと思います。
(スーパーでパックに入った野菜を買うのではなく、八百屋さんでむき出しのものを買う、とかね)

◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
by new_message24 | 2017-01-23 19:39 | 生活 | Comments(8)

年明けから、私の住んでいる地域のゴミ出し方法に一部変更がありました。

マンハイムの家庭ごみの分別は、
・一般ごみ
・紙ごみ
・リサイクルゴミ(プラスチックやアルミなど)
・生ごみ
となっています。
(空き瓶は別途、回収コンテナのあるところに各自持っていきます)

うちのアパートには、生ごみ以外の共同ごみ箱が外にあるのですが、これまでリサイクルゴミは指定の黄色い袋に入れて回収日前夜に家の前に出しておくスタイルでした。

このリサイクルゴミが今年から袋ではなく、支給されたゴミ箱に直接捨てて回収を待つことになりました。

これまで、袋に入ったごみの回収は2週間に1度でしたが、このゴミ箱形式になってから、なんと4週間に1度になりました・・・。

5世帯が暮らすうちのアパートに至急されたゴミ箱は2つ。
次回の回収日まであと2週間ありますが、すでにいっぱいで、これからどうなるんだろうとちょっと心配です 汗


で、このゴミ箱。
例えば食品の入っていたトレーとか、空いた缶詰の缶とか、もろもろ梱包に使われたプラとか、そういったものを捨てるのですが、私が観察していた限り、多くの人がそのままポイッと捨てているんですよね。これまでは袋に入れていたからまだよかったけど、それでも夏場とかはハエがたかります。
なんせ、食品の残りがそのままになっている状態なので・・・。

なので、直接ゴミ箱に入れるスタイルになったし、ちゃんとゆすいでから捨てるようにしよう、と提案したところ・・・。
一家族から速攻で却下されました。

えーっ、でも、うちは外に水道がないからゴミ箱に汁とかついても洗えないし、夏は絶対ハエたかるよ!と言いましたが、

「それだったら、ゴミ箱自体にゴミ袋をかぶせればいい」←そんな大きなゴミ袋はないと思う
「定期的にゴミ箱を交換してもらえばよい」←タダじゃないよ~。ゴミ箱を運べるサイズの自動車に乗っているのはうちだけですが、うちはそんなの運ばないよ~。

と。

なので、「水で数秒ゆすぐのがイチバン簡単に出来る解決策だし、もし洗いたくないのであれば、一般ごみに入れて捨てることも出来るし。」と対抗したところ、

「水がもったいない。環境に悪い。」
と反論されました・・・。


ちーーーーーん。。。。


ドイツにお住まいの皆さんは、こういった「ドイツ人、ああ言えばこう言う」を分かって頂けるかと思いますが・・・。

私、おかしいですか!?
水で数秒きれいにすることで、自分たちの庭にあるゴミ箱から異臭がしたり、虫がたかるのを防げるんですよ。
例えば、ヨーグルトの空きパックが4週間そのまま放置されることを考えてみたら、その数秒の手間って後から報われると思うんですけど・・・。

水がもったいない、というのであれば、大きなビニールするのだってゴミが増えるだけだし、
例え、ゴミ箱を丸洗いできるとしても、その方が水を多く使うだろうし、
ゴミ箱を替えて貰う、というのであれば往復の輸送に車を使うのでそれもエコじゃないし。


本当に頑固だー。多くのドイツ人。


なんで、私は洗ってだす。汚れてもうちは関与しない、ということを宣言しておきました。


夏場とか、本当にどうなるのか今から恐ろしいです・・・。
きゃぁ~っ!!!


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
by new_message24 | 2017-01-16 19:23 | 生活 | Comments(2)

ドイツに戻ってきました


1か月の日本&台湾滞在を終え、またドイツに戻ってきました。

日本滞在中は毎日晴天で暖かかったのに、ドイツへ帰ってきた途端、雪景色で衝撃。
(マンハイムは毎年雪が降る&積もるというわけではないので、今年は寒いんだろうな)
b0249902_19413692.jpg


年末年始を挟む帰国だと、なかなか人に会えなかったり、事務的な予定をこなせなかったりというデメリットはありますが、やっぱりお正月を日本で過ごすのは格別です。
(私の場合、ドイツの大晦日=シルヴェスターが好きでないから、という理由もある)

今回は1か月まるまる旦那も休んで一緒だったのですが、坊の日本語上達の妨げ(?)になってしまい、そこのところは次回への教訓ということで・・・。
(ドイツ語優勢な坊は、やっぱり楽なドイツ語をしゃべりたがる)
しかしながら、旦那がいてくれたおかげで、私も結構単独行動が出来て、その点ではよかったです。

しかし、1か月間坊とベッタリで相当体力使ったなぁ・・・(ゲッソリ)
そして日本滞在&台湾旅行中はずっと寝るのが同室だったので、そこらへんでも調子が狂うというか。

日曜日の夕方にドイツへ戻り、次の日には元気に幼稚園へ出掛けて行った坊。
幼稚園様様。
そして親子別室、万歳。

日本滞在中は、特に派手なイベントはありませんでしたが、坊の中では「凧揚げ」が印象に残った模様。
幼稚園で、紙と糸で自分の凧を作ったみたいです。
b0249902_19413739.jpg


また、ドイツ生活スタートです。
今回もまた、大量に日本から食材仕入れてきました 笑
恒例の持ち帰ったものシリーズは、この後にお届けします~。

◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村





[PR]
by new_message24 | 2017-01-10 19:37 | 生活 | Comments(4)

災害お知らせアプリ


2週間前に隣のLudwigshafen市にあるBASF(化学薬品の会社)の工場で爆発事故があり、家の窓を閉めるようにというお達しが。

そして先週、同じくLudwigshafenにあるスポーツ施設からアンモニアが漏れるという事故があり、この日も窓を閉めて室内にいるようにお達しが。

しかし、先週の事故の際は外出中で、そのような注意勧告も知らず。

それらを受け、市から事故対策に関する冊子が配られました。
b0249902_20420172.jpg


その中に紹介のあった、災害お知らせアプリKATWARNを早速スマホに入れてみました。

このアプリ、現在地だけでなく、世界中の地域/住所を複数設定出来るので、私はドイツのうちと、日本の実家エリアを登録しました。

こんな感じのアプリです。
東京都と入れると新宿区がデフォルトに。(うちの実家は新宿区ではありません)

b0249902_20420200.jpg

このアプリが活躍しないのがベストですが、私のように知らずに外出していることもあると思うので、いざという時に役に立つかな、と思います。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆

今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!



にほんブログ村


にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2016-10-29 20:27 | 生活 | Comments(0)

ドイツ式BBQは肉持ち寄り


ここ1ヶ月、本当にいい天気(暑すぎず、快適!)が続いています。
よかった・・・今年も夏があった・・・。
(5月~7月は本当にどんよりとした寒いドイツだったので)

9月に入っても心地よい気候が続いており、今週末は同じ家に住む他の2家族と庭でランチバーベキューをしました。(前日深夜に決定)
b0249902_22512597.jpg

b0249902_22512705.jpg


肉と、サラダ、パン、飲み物などを持ち寄り。

まずは子どもたちの胃袋を満たしてから大人がゆっくり食べるスタイル 笑
食事に対する情熱・プライオリティーがこういうとき顕著に表れます。
遊び>食事の坊は、少しだけ食べるとすぐに遊びに消えます。
(先日お招きしてもらったお友達のお誕生日会でも、ケーキを食べたらさっさと一人、消えていったな・・・)
一方で、ずっと食べ続ける子もいて、この違いが面白い。

水鉄砲に興じる人
b0249902_22512805.jpg


ところで、ドイツで集まってBBQをするときは、だいたい肉持ち寄りです。
そして、大人数が集まるようなBBQでは特に、自分の持ってきた肉を自分で食べるスタイル、です。

先日まで遊びに来ていた母が、通っていたドイツ語サマーコースで夏のBBQパーティーがあった際も、「自分で焼きたいものを各自持参」を面白いと言っていました。

私は言われるまで、それが普通だと思っていましたが、確かに、日本でBBQするような場合は、誰かがまとめて食材を仕入れてきて、あとで割り勘していたような・・・。

先日、旦那の職場チームでのBBQがあったのですが、そちらも、自分で焼きたいもの+みんなでシェアできるもの1品(サラダなど)持参、でした。

こんな感じでした
b0249902_22512900.jpg


この肉持参方式、とても理にかなっているように思います。
お肉を食べない人や、特定の肉を食べない人もいるので、各自が自分の食べたいものを持ってくるのが合理的。

うちは今年買ったガスグリルが大活躍しました。
b0249902_22513015.jpg


あと何回、外でBBQ出来るのかしら。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆

今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!



にほんブログ村


にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2016-09-10 22:14 | 生活 | Comments(0)