ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

カテゴリ:旅行( 52 )


秋の旅行〜川編〜


秋の旅行、テューリンゲンの森の次はモーゼル川へ。

モーゼルはフランスのヴォージュ山脈からスタートし、ルクセンブルクを通り、ドイツはトーリアから終点コブレンツ(ここでライン川と合流)まで流れている川です。

去年の夏もモーゼル川沿い(ドイツ内だと川の真ん中辺り)に滞在したのですが、今回はコブレンツのすぐそば、Winningen という人口2500人位の村に滞在しました。
b0249902_16560615.jpg

村の何処からでも見えるワイン畑が素敵。
b0249902_16531556.jpg

モーゼルワインは急斜面に畑があるのが特徴ですが、ワイン畑の間にはハイキングコースもあります。
b0249902_16543976.jpg

今の時期しか飲めないFederweißer(Neuwein、発酵しきる前のワイン)。
この村のものを。
b0249902_16595012.jpg

村滞在でしたが、近くに駅があり、コブレンツまで、電車で10分という便利さ。

コブレンツではお決まり(?)、ケーブルカーでエーレンブライトシュタイン要塞に行って(うちは駅からのバスを間違え、登りはエレベーター?←どちらかというと登山鉄道的だった、を利用)、上から「ドイチェスエック(ドイツの角、ライン川とモーゼル川が合流するところ)」を見ました。

写真手前がライン、奥がモーゼル。
b0249902_17050667.jpg

要塞散歩
b0249902_17073431.jpg
要塞内では色々な展示もあり、面白かったです。

ケーブルカー
b0249902_17105114.jpg

他の日にはRomanticm Koblenzという、街の観光案内所内にある博物館にも行きました。

こちらでは、ライン川の歴史を体験型、インテラクティブに学び楽しめる施設で、オススメ!です。

こんな風にシルエット撮影もできるのですが、このデータを含め、展示の多くは入場カードにデータを読み込ませて持って帰ることが出来ます。
b0249902_17163706.jpg

b0249902_17190818.jpg

b0249902_17193458.jpg

帰り道にドイチェバン(ドイツ鉄道)ミュージアムに寄って旅は終了!
b0249902_17214147.jpg

私が行き先を選ぶと、ドイツ以外を選びがちですが、ドイツ国内の、しかも近場でも色々楽しめ、新たな発見があります。
今回はホリデーハウス滞在ということもあり、リラックスした旅になりました。

さー、もう年内は旅行なしかな。




◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2017-09-28 16:40 | 旅行 | Comments(0)

秋の旅行〜森編〜


ブログ記事が追いついてませんが、日常はどんどんと進んでいきます。


また、旅行に出ています 笑


今年は旅行ばかりで、(贅沢だけど)そろそろ疲れてきた 苦笑


5月→イビザ島

6月→ボーデン湖

7月→日本

8月→フィンランド


で、9月。


9月にどこかに行くことはもともと決まっていたのですが、行き先はギリギリに決定。


まずは森ステイ。

このホリデーハウスに滞在しました。

b0249902_17234899.jpg

テューリンゲンの森の中です。

初、東ドイツへ。


b0249902_17250405.jpg


こんな家に住みたいわぁ。

b0249902_17264681.jpg
b0249902_19214259.jpg


うちの一番の売りはサウナ☆

b0249902_19164068.jpg


ドイツも何気にサウナ大国なのに、今までずっとスルーしていました。


しかし、サウナに毎日入って、夫婦でサウナな虜に 笑


ドイツのサウナ、大多数が男女混合ですが、今後自宅に帰ってからも近場のサウナに通いたい。


森の散歩以外には、


近くの鍾乳洞に行ったり、

b0249902_19174217.jpg


マルティンルターが聖書のドイツ語翻訳を行なったことで特に有名なWartburg(ヴァルトブルク城)を訪ねたり、

b0249902_19182019.jpg


ユネスコ遺産であるナショナルパーク(Hainich)にある森のタワーと森の上をお散歩出来るところに行ったりしました。

b0249902_19190731.jpg
b0249902_19193933.jpg

b0249902_19194908.jpg


テューリンゲンと言えば、有名なのが、テューリンゲンソーセージ 笑


他の地域でもテューリンゲンソーセージは買えますが、本場のは別モノとの噂ですが、、、そもそもテューリンゲンソーセージってどんな味だっけ…?

b0249902_19202328.jpg


色んなハーブやスパイスが入っていて美味しかったです。


次の目的地は「川」です。




◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2017-09-22 17:52 | 旅行 | Comments(2)

長々とフィンランド旅行備忘録にお付き合い頂き有難うございました。

我が家の旅行の楽しみの一つが、

「坊が夜寝たら、ホテルのバーに繰り出す」

ことなんですが、今回、その際にとっても便利だったアプリを紹介したいと思います。




これまではIKEAのベビーモニターを持って行って使っていたのですが、

IKEA、侮るなかれ、かなり距離が離れていても電波をちゃんとキャッチしてくれます。

ホテルの部屋が2階までならこのIKEAのでOK!



しかし、ちょっと広いホテルとか、階が上とかになるとさすがに圏外になる・・・。



で、今回試してみたアプリがこちら。
b0249902_15521492.jpg



有料ですが、すごく役に立ちました。




使い方としては、スマフォ2台にこのアプリを入れ、

(WiFi か3Gなどのネットワーク環境であることが前提)

1台を子どもの寝ている部屋に置き、もう1台を持参。


部屋で音がすると、持参した携帯にお知らせが来ます。
(部屋の音も聞こえます)


あと、ビデオ機能もあるので、部屋の様子も見られます。



それと、マイク機能もあるので、こちらから部屋にいる子どもに話しかけることも可能。




うちは1度寝たら、あまり起きませんが、1度だけ、水を飲みたくて途中で起き、

水が近くになかったので、


「水の~み~たい~!!!!」


と携帯から絶叫が。



そのときホテルが迷路みたいなホテルで、部屋までの移動に結構時間がかかる場所だったのですが、

旦那がホテル部屋に向かう間に、


私がマイクで

「パパ今行くからね~」

となだめ、

「あ、じゃぁ、今、レスキューが来るのね」

と叫び声が止みました。



(両親が部屋にいなかったことは全く疑問に思わなかったらしい)



便利な世の中だなぁ。



旅行って、四六時中みんな一緒に行動するので、(しかも大抵は子どもペース)結構疲れる。

なので、夜の数時間、静かに会話の出来る、大人な時間@大人空間、を毎晩楽しみにしています。



おすすめアプリです。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村






[PR]
by new_message24 | 2017-08-31 15:47 | 旅行 | Comments(0)

ムーミンワールドがあるナーンタリから、帰りは市バスでトゥルクへ。

(トゥルクは駅からバスが着くマーケット広場までの間が結構な坂で、スーツケースが若干キツかった)


また車内キッズエリアの恩恵を受けつつ、ヘルシンキへと戻りました。


最終日は、夕方のフライトだったので、日中はフェリーで、要塞の島、スオメンリンナ島(ユネスコ世界遺産)へ。
b0249902_16353075.jpg


素晴らしい天気!
(晴れと雨の差が激しい国、と感じました…)
b0249902_16353115.jpg

b0249902_16353158.jpg



坊の好きな潜水艦もありました。
b0249902_16353201.jpg


大砲と戯れる子ってどうなんだろう、、、と思いつつ。
b0249902_16353295.jpg

b0249902_16353338.jpg




…やっぱりフィンランド、好きです。

また是非行きたいなー。



今回、1番買いたかったものもゲットしました。

b0249902_16353357.jpg


マリメッコのテーブルクロス(ビニール、防水加工)。

うちはダイニングが黒×黄ベースなので、Rasymattoの黒×黄のクロスがいいな、と思っていましたが、マリメッコのアウトレットにも、本社内正規店にもなく。


最後にヘルシンキで泊まったホテルの隣、Forum(ムーミンショップもこの中にあります)内のマリメッコのお店で見つけて買いました。


食器類は収納スペースがないため、購入せず。

…そろそろまた、家の大片付けでもしようかな、と思っています。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2017-08-29 16:10 | 旅行 | Comments(0)

フィンランドの夏、ピカーン!と日差しが強烈な時間と、バケツの水をひっくり返したような雨が降る時間とが、同日内に起こる、ということが分かりました 苦笑

(ドイツではあまり大雨って降りません。少なくとも私の住んでいるところでは)


で、ムーミンワールドに行った日、ドンピシャの雨!

基本、外なんで、雨にずぶ濡れで、なんかもう、笑うしかない、みたいな妙なテンションでした 笑


この橋を渡った先が、ムーミンワールド。
b0249902_19084634.jpg



ムーミンたちも頑張って雨宿りしていました 笑
b0249902_19084688.jpg




ムーミンハウス
b0249902_19084781.jpg


中はこんな感じ
b0249902_19084827.jpg

b0249902_19084995.jpg

b0249902_19084974.jpg


普段はこの海、泳げるらしいです。
b0249902_19085047.jpg


ムーミンパパのボートも雨で哀愁たっぷり 笑
b0249902_19085106.jpg


森の中にはたくさん、楽しそうな遊び場があったけど、、、また次回かな。
b0249902_19085143.jpg



ムーミンワールドは夏の短い期間しかオープンしていません。
(冬は1週間だけ開けるみたい)

自然と融合したテーマパークならでは。


日本からのツアーの皆さんもたくさんいましたが、グループの年齢層が高めで、ムーミン人気の幅広さを実感。


お昼に食べたパスタ(室内で食べられるところが少なく、こちらに。基本、晴れた日を想定して売店で買って外で食べるような設定だった)、全然期待していなかったけど、案外美味しかったです。
b0249902_19085224.jpg



全身ずぶ濡れになったムーミンワールドでした。

坊は、雨なんかこれっぽっちも気にしていなくて、エンジョイしていました。


今でも、折に触れて、
「またムーミンワールド行こうね」
と、言っています。


はい、私も、また、是非雨でないときに行きたいです!


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2017-08-28 16:13 | 旅行 | Comments(0)

今回のメインイベント「ムーミンワールド」。

坊はずっと楽しみにしていたけど、実は行きたかったのは、この私 笑




ヘルシンキから長距離列車(VR)でトゥルクへ。
b0249902_18140472.jpg




2年前、タンペレ近郊の友達のうちへ伺った際も、VRでキッズスペースがある車両を予約したのですが、今回も。
b0249902_18120999.jpg




さすがに、もうすぐ4歳の坊は2歳のときのように遊びまくる、ということはありませんでしたが、

(それでも滑り台とかはしていた)


置いてある絵本をずっと眺めていてくれて、楽でした。
(フィンランド語で、我々読めませんでしたが)
b0249902_18121033.jpg




快適な2時間の列車の旅。




トゥルクから、ムーミンワールドがあるナーンタリは普通のバス(40分くらい)で行けますが、行きは私のペディキュアの予約があったため(笑)、タクシーで行きました。

タクシーだと15分くらいかな。




泊ったのは、ナーンタリスパホテル。

大きなホテルです。



一応5星らしいけど、それは言いすぎじゃ・・・という感も。
(でも、全体的に快適なステイでした)


このホテルに2部屋だけある、「ムーミンストーリールーム」。
b0249902_18121017.jpg




・・・とりましたよ、半年前に予約して 笑




テンションマックスな人。
b0249902_18121199.jpg



ムーミンパパの帽子が!
b0249902_18121194.jpg





ベッドシーツも、タオルも、コップもムーミンです。
b0249902_18121241.jpg

b0249902_18121335.jpg

b0249902_18121391.jpg




地下には、広いキッズルームも。
天気が不安定で、雨だった際、室内で遊べるところがあってよかった。。
b0249902_18121401.jpg




このホテル、町の中心地からは離れているので、

(そしてナーンタリは小さな港町)

食事はホテルにて。



写真はありませんが、ディナービュッフェのレベル(特に前菜系)が高かった!


隣にあったタイレストランもすごくよさそうだったけど、日曜日はやっておらず残念。
(ビュッフェにタイ風サラダがあり、それがめちゃくちゃおいしかった!)



次の日は、とうとう、ムーミンワールドに!


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
by new_message24 | 2017-08-26 18:04 | 旅行 | Comments(0)

羊水検査の予約まで1週間。

ちょうどその間にフィンランド旅行の予定がありました。

特に悪あがき出来るようなこともなく、

それでは気分転換に、と


予定通り行って来ました。


4回目、2年振りのフィンランド。
まずはヘルシンキに2泊。

b0249902_23102685.jpg

物凄く爽やかに晴れた写真ですが、雨が降るとそれはもう土砂降りで、夏のフィンランドに長靴持参は必須、と学びました。。

↓こちらの観覧車、茶色いワゴンはサウナです
↓水着の男性が乗り込んで行ったのを目撃
b0249902_23102673.jpg


マーケットの食べ物屋さんでも、各お店、テーブルクロスはマリメッコ❤︎

コーヒーの入った紙コップまでもウニッコ❤︎
b0249902_23102700.jpg


私は土砂降りの中、ひとりでマリメッコ本社にも行きました。(男性陣は博物館へ)
b0249902_23102854.jpg

アウトレットは9割日本人!笑
b0249902_23102823.jpg


社食、美味しかった!
味噌ベースのソースで煮込んだチキンや、ピリ辛のレンズ豆のスープなど、味付けの幅が広い。
b0249902_23102913.jpg


色々買いました 笑
(これは坊用)
b0249902_23102915.jpg



フィンランドは何と言っても、サーモンが美味しい❤︎

あと、ポメス(ポテトフライ)のレベル高し!

私はフィンランドの黒パンも好きです。
b0249902_23103011.jpg


b0249902_23103001.jpg


マーケットで食べた小さいニシンの丸揚げも美味しかったなぁ。
尾頭付きで微妙なビジュアルですが、坊がバクバク食べたのが意外でした。
b0249902_23103144.jpg


ヘルシンキの次は、長距離電車でムーミンワールドを目指して…。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
by new_message24 | 2017-08-25 17:09 | 旅行 | Comments(0)

今年の夏休み、家族旅行第一弾は「ボーデン湖」にやってきました。
(コンスタンツに滞在)
b0249902_17431649.jpg



4年前、坊を妊娠中、同じく6月にやってきたボーデン湖ですが、その際気に入って、また子連れでこようと決めていたところ。

昨年は計画するのが遅すぎて、希望するホリデーハウス(貸別荘)がどこもいっぱいで断念。

今年は早めに予約して、水辺から徒歩10秒というロケーションの部屋を借りることが出来ました。
b0249902_17431702.jpg


ここまで徒歩10秒↓
b0249902_17431799.jpg



今回のヒットはこのレンタル自転車。
b0249902_17431826.jpg


市が運営しているTinkというものなのですが、最初の1時間は無料、終日借りても9ユーロというお手頃価格。

街の至る所にレンタルステーションがあり、借りたい自転車番号をSMSで送ると(アプリは機能していなかった)、自転車のロック解除コードが携帯に送られてくるのでそれを入力すると、自転車が使えるようになる仕組み。

前の部分にはシートベルトもついていて、6歳位までの子が乗れます。

うちの坊は大喜びで乗っていました。
そして旦那も大喜びで漕いでました。

・・・しかし、私には運転が難しく、私は常にバス移動 笑

大抵、男性陣は自転車で、私はバスで出掛けていき、街中で落ち合う、という感じでした。


坊の大好きなツェッペリンミュージアムへ行ったり、

b0249902_17431832.jpg


期待外れだったけど、Sea Lifeに行ったり、
b0249902_17431922.jpg



ボートに乗ったり、
b0249902_17431963.jpg


Mainauという島に行ったり、
b0249902_17432058.jpg



色々な公園へ行ったり。
b0249902_17432023.jpg

b0249902_17432145.jpg



スイスとの国境がすぐなので、歩いて国境越えしてスイス側でも1日遊びました。

あまりに簡単に国を超えたため、全く認識していなかったけど、キオスクでコーヒー買おうとして、通貨がフランだったのに軽い衝撃。

・・・数十メートル前まではEUだったのに 笑


ボーデン湖、いろいろとアクティブに遊ぶことも出来るし、

のんびりすることも出来るし、

子なし・子あり共に楽しめる休暇地だと思います。


今回はあまり遠出(オーストリアの方とか)はしなかったので、次回はそちらの方へも行きたいな、と思っています。

◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村





[PR]
by new_message24 | 2017-06-09 17:12 | 旅行 | Comments(2)

息子と2人で行ったイビザ島のヨガリトリートの話、続きです。
b0249902_17500239.jpg




午前中は子抜きの時間、

そして午後は子どもとの時間

という設定だったのですが、午前中の過ぎるのが早いこと、早いこと!笑


でも、坊と過ごすイビザ島の午後もとても楽しかったです。


坊が1番気に入っていたのは庭にあったプール。

毎日入ってました。
b0249902_17470112.jpg



1日は午後、どこへも行かず、プールサイドでぼーっ。


腕浮輪を付けていれば一人で勝手に泳いでいられるし、私もプールサイドでのんびりできるようになったんだ、とちょっと嬉しい瞬間でした 笑


あとは海。
イビザの海、どこも本当に本当にキレイです。
コバルトブルーで、透明度が高くて輝いている。

沢山あるうちのビーチの中、2か所しか行けませんでしたが、すごくよかったなぁ。


車で20分ほどのところにあったBanirrasビーチ
b0249902_17470193.jpg

b0249902_17470256.jpg



ちょっと遠出して、車で40分(島自体小さいので移動もそんなに掛からない)のところにあるCala Bassa ビーチ。
b0249902_17470229.jpg


こちらでは、坊がずっとやりたいと言っていたペダルボートをレンタルしました。

すごいでしょ、滑り台付きです!
b0249902_17470343.jpg



しかし、漕ぎ手は私のみ。
少し沖の方の、ゴージャスなボートがぷかぷか浮かんでいるあたりにひょっこり紛れ込んでいたのですが、陸に帰り着く体力が残っていなかったらどうしよう、とドキドキでした・・・苦笑
b0249902_17470330.jpg




滑り台、海の中へダイブ!してみたかったけど、もしおぼれたり(私が)、海の中からボートに上がってこられなくなるといけないので、次回のお楽しみということに・・・。


パドルボート、1時間25ユーロと高いなぁと思ったのですが、嬉しそうに舵を取る坊と、きれいな海の上で共有した時間はプライスレス!でした。

価値のある25ユーロだったわ。


あとは、近くの村を散策したり、(坊を連れて雑貨などの買い物が出来たという事実に子どもの成長を感じます。あ、勿論、その後アイスを食べる約束あっての上ですが)
b0249902_17470479.jpg

b0249902_17470461.jpg


イビザ島で毎週水曜に行われるヒッピーマーケットにも行ったり。
b0249902_17470564.jpg



イビザ島へ行かれる際は、絶対にレンタカーをお勧めします!

雰囲気としては、久米島で運転したときの感じと似ています。

町の近くの道路でも、ストレスはなかったし、田舎道を走ると対向車ゼロみたいな道がずっと続きます。

なんせ、空港からリトリートまで私がナビなしでいけた位、単純です。


特にこのリトリート、近くの村まで徒歩30分(車だと5分)掛かるので、このリトリートに行ってみたい方がいたら、絶対レンタカーをお勧めします。

お勧めのレンタカー会社は、Holy Mamaが教えてくれます♪
(車の借り方がちょっと特殊?だったので、そこらへんは注意した方がいいかも・・・)


ちなみにうちが借りたのは、Smartのfor four。
めっちゃ小回り利いて、運転しやすくてよかったー!

ドイツで乗っているのは後ろにながーい、大きめの車なので、やっぱり小型車は運転しやすくていいなぁ、と思いました。


今回、イビザの繁華街へは全く足を踏み入れていません

有名なクラブなんかにも全く近寄っていません


単にのんびりしたいファミリーにもお勧め出来る島だなぁ、と思います。

(ビーチによっては商業的で、パラソルやデッキチェアーなど物凄く高いところもあるみたいですが)



ヨガリトリート参加は、毎年の恒例行事になりつつありますが、

来年は・・・

やっぱりまた一人で行こうかな 笑



あ、でも、また機会があればHoly Mamaへも行きたいです。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村





[PR]
by new_message24 | 2017-06-01 17:34 | 旅行 | Comments(0)

1週間、息子と2人でスペインのイビザ島での親子ヨガリトリートへ行ってきました。
b0249902_05370505.jpg



私はヨガリトリートは、同じくスペインのアンダルシア、マラガに続き3回目。
子どもを連れて行ったのは初めてでした。

今回お世話になったのは、こちら。

Holy Mama


強くてしなやかでとても意識の高い、3人の子を持つスイス人の女性が起こしたリトリートです。


今回、こちらにした理由は1つ。

「子どもと参加できるから」


ヨガリトリートって、自分ひとりの時間を持ちたい、とか、都会の喧騒から離れてゆっくりしたい、とかそういう目的が多いかと思うのですが、私は、

・自分の好きなヨガもしたい

・でも息子と一緒に時間も持ちたい

・暖かくて海が近くにあるところでちょっとは羽を伸ばしたい

という理由で、子連れでいけるリトリートがあることを発見し、即申し込みました。

(行ったのは5月ですが、申し込んだのは1月頭。2月末に申し込んだ他の参加者は、もうほぼほぼ満員だった、と言っていた)


ドイツだと、子どもを預けられる場所が併設されたファミリーホテルとかもありますが、「母と子」に限定したこのリトリートの潔さが好き。
(中にはパパも同伴OKの週もあるけど、基本母と子)
b0249902_05370539.jpg



1日の流れはこんな感じでした。


9時 子どもを預ける

9時半~11時 ママはヨガの時間

11時 ママたちブランチ(子抜き)

11時~13時 マッサージなどのトリートメント

12時~13時 子どもが戻ってくる

13時以降 庭のプールに入ったり、海へ行ったり、街へ散策に出掛けたり フリータイム

19時半~ 夕食 (週2回は夕方にキッズヨガもあった)

21時以降 フリータイム (週2回、ママたちのセッションがあった)


シッターさんたちは、本当に皆さん素晴らしくて、スペインの女性たちのあの温かく明るく、子どもの目線で接してくれるところが本当に見事でした。
(ドイツの幼稚園先生たちに見せてあげたい・・・)

子どもの話す言語に合わせてシッターさんを用意してくれるので(でも日本語はムリと思います・・・)、うちの子はドイツ人の子が付いてくれましたが、すごくいい子で、坊も初日からえっらい懐いていました。

預かってもらっている間に、クラフトしたり、ダンスしたり、お散歩にいったり、本当に色々とやらせてもらったようです。



勿論、大泣きしてしまった子などは、ヨガをしているお母さんのところに連れてきて貰えます。

・・・遠くから子どもの泣き声がしていると、ヨガ中のママたちが一斉にそちらに神経を注いで自分の子かどうかハラハラしていたのが「みんな母だねぇ」という感じでした。

あ、私は、坊を信じ切っていて、
「絶対うちのじゃない」
と気にしていませんでした 笑


食事も3食でるし(ベジタリアン、アレルギー対応)、至れり尽くせりだったです。
b0249902_05370606.jpg

b0249902_05370747.jpg




マイナス面は・・・

今回は赤ちゃん(1歳以下)の参加者がほとんどで、坊と同じ年代の男の子がおらず、フリータイムは何かと一人で遊んでいました。
・・・まぁ、もともと群れるタイプの人間じゃないし、広い庭や敷地内の森?を一人でのびのび探索して楽しそうでしたが。

ちなみに、もうすぐ4歳の坊は上から3番目の年齢でした。

7~10か月の子が多く、坊がそのくらいのとき、一緒に旅行しようなんて、夢にも思わなかったなぁ・・・と思います。

なので、赤ちゃん連れてきたママたち、尊敬!

・・・まぁ、殆どが第2子以降のベビーだったので、多少は慣れもあったのかもしれないですが。


あと、参加者数が若干多すぎた。
大人が18名ほど。(内1名は付き添いのおばあちゃん、もう1名は参加者の友達・子なし)
子どもは複数連れてきていた人もいるので、大体18人ほど。

なかなかみんなと満遍なく話すことが難しかったし、連絡事項も全員に伝わっていなかったりして、もうちょっと小さいグループの方が落ち着いたかな、という感じでした。

なお、参加者の大半はイギリスから。
あとは、スイス、オランダ、フィンランド、スペイン、ポルトガル、ドイツ(私)からでした。

コミュニケーションは英語です。

b0249902_05370725.jpg


その他、フリータイムのことなどは、次回の記事にて・・・。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村









[PR]
by new_message24 | 2017-05-31 05:29 | 旅行 | Comments(0)