ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

息子と2人で行ったイビザ島のヨガリトリートの話、続きです。
b0249902_17500239.jpg




午前中は子抜きの時間、

そして午後は子どもとの時間

という設定だったのですが、午前中の過ぎるのが早いこと、早いこと!笑


でも、坊と過ごすイビザ島の午後もとても楽しかったです。


坊が1番気に入っていたのは庭にあったプール。

毎日入ってました。
b0249902_17470112.jpg



1日は午後、どこへも行かず、プールサイドでぼーっ。


腕浮輪を付けていれば一人で勝手に泳いでいられるし、私もプールサイドでのんびりできるようになったんだ、とちょっと嬉しい瞬間でした 笑


あとは海。
イビザの海、どこも本当に本当にキレイです。
コバルトブルーで、透明度が高くて輝いている。

沢山あるうちのビーチの中、2か所しか行けませんでしたが、すごくよかったなぁ。


車で20分ほどのところにあったBanirrasビーチ
b0249902_17470193.jpg

b0249902_17470256.jpg



ちょっと遠出して、車で40分(島自体小さいので移動もそんなに掛からない)のところにあるCala Bassa ビーチ。
b0249902_17470229.jpg


こちらでは、坊がずっとやりたいと言っていたペダルボートをレンタルしました。

すごいでしょ、滑り台付きです!
b0249902_17470343.jpg



しかし、漕ぎ手は私のみ。
少し沖の方の、ゴージャスなボートがぷかぷか浮かんでいるあたりにひょっこり紛れ込んでいたのですが、陸に帰り着く体力が残っていなかったらどうしよう、とドキドキでした・・・苦笑
b0249902_17470330.jpg




滑り台、海の中へダイブ!してみたかったけど、もしおぼれたり(私が)、海の中からボートに上がってこられなくなるといけないので、次回のお楽しみということに・・・。


パドルボート、1時間25ユーロと高いなぁと思ったのですが、嬉しそうに舵を取る坊と、きれいな海の上で共有した時間はプライスレス!でした。

価値のある25ユーロだったわ。


あとは、近くの村を散策したり、(坊を連れて雑貨などの買い物が出来たという事実に子どもの成長を感じます。あ、勿論、その後アイスを食べる約束あっての上ですが)
b0249902_17470479.jpg

b0249902_17470461.jpg


イビザ島で毎週水曜に行われるヒッピーマーケットにも行ったり。
b0249902_17470564.jpg



イビザ島へ行かれる際は、絶対にレンタカーをお勧めします!

雰囲気としては、久米島で運転したときの感じと似ています。

町の近くの道路でも、ストレスはなかったし、田舎道を走ると対向車ゼロみたいな道がずっと続きます。

なんせ、空港からリトリートまで私がナビなしでいけた位、単純です。


特にこのリトリート、近くの村まで徒歩30分(車だと5分)掛かるので、このリトリートに行ってみたい方がいたら、絶対レンタカーをお勧めします。

お勧めのレンタカー会社は、Holy Mamaが教えてくれます♪
(車の借り方がちょっと特殊?だったので、そこらへんは注意した方がいいかも・・・)


ちなみにうちが借りたのは、Smartのfor four。
めっちゃ小回り利いて、運転しやすくてよかったー!

ドイツで乗っているのは後ろにながーい、大きめの車なので、やっぱり小型車は運転しやすくていいなぁ、と思いました。


今回、イビザの繁華街へは全く足を踏み入れていません

有名なクラブなんかにも全く近寄っていません


単にのんびりしたいファミリーにもお勧め出来る島だなぁ、と思います。

(ビーチによっては商業的で、パラソルやデッキチェアーなど物凄く高いところもあるみたいですが)



ヨガリトリート参加は、毎年の恒例行事になりつつありますが、

来年は・・・

やっぱりまた一人で行こうかな 笑



あ、でも、また機会があればHoly Mamaへも行きたいです。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村





[PR]
# by new_message24 | 2017-06-01 17:34 | 旅行 | Comments(0)

1週間、息子と2人でスペインのイビザ島での親子ヨガリトリートへ行ってきました。
b0249902_05370505.jpg



私はヨガリトリートは、同じくスペインのアンダルシア、マラガに続き3回目。
子どもを連れて行ったのは初めてでした。

今回お世話になったのは、こちら。

Holy Mama


強くてしなやかでとても意識の高い、3人の子を持つスイス人の女性が起こしたリトリートです。


今回、こちらにした理由は1つ。

「子どもと参加できるから」


ヨガリトリートって、自分ひとりの時間を持ちたい、とか、都会の喧騒から離れてゆっくりしたい、とかそういう目的が多いかと思うのですが、私は、

・自分の好きなヨガもしたい

・でも息子と一緒に時間も持ちたい

・暖かくて海が近くにあるところでちょっとは羽を伸ばしたい

という理由で、子連れでいけるリトリートがあることを発見し、即申し込みました。

(行ったのは5月ですが、申し込んだのは1月頭。2月末に申し込んだ他の参加者は、もうほぼほぼ満員だった、と言っていた)


ドイツだと、子どもを預けられる場所が併設されたファミリーホテルとかもありますが、「母と子」に限定したこのリトリートの潔さが好き。
(中にはパパも同伴OKの週もあるけど、基本母と子)
b0249902_05370539.jpg



1日の流れはこんな感じでした。


9時 子どもを預ける

9時半~11時 ママはヨガの時間

11時 ママたちブランチ(子抜き)

11時~13時 マッサージなどのトリートメント

12時~13時 子どもが戻ってくる

13時以降 庭のプールに入ったり、海へ行ったり、街へ散策に出掛けたり フリータイム

19時半~ 夕食 (週2回は夕方にキッズヨガもあった)

21時以降 フリータイム (週2回、ママたちのセッションがあった)


シッターさんたちは、本当に皆さん素晴らしくて、スペインの女性たちのあの温かく明るく、子どもの目線で接してくれるところが本当に見事でした。
(ドイツの幼稚園先生たちに見せてあげたい・・・)

子どもの話す言語に合わせてシッターさんを用意してくれるので(でも日本語はムリと思います・・・)、うちの子はドイツ人の子が付いてくれましたが、すごくいい子で、坊も初日からえっらい懐いていました。

預かってもらっている間に、クラフトしたり、ダンスしたり、お散歩にいったり、本当に色々とやらせてもらったようです。



勿論、大泣きしてしまった子などは、ヨガをしているお母さんのところに連れてきて貰えます。

・・・遠くから子どもの泣き声がしていると、ヨガ中のママたちが一斉にそちらに神経を注いで自分の子かどうかハラハラしていたのが「みんな母だねぇ」という感じでした。

あ、私は、坊を信じ切っていて、
「絶対うちのじゃない」
と気にしていませんでした 笑


食事も3食でるし(ベジタリアン、アレルギー対応)、至れり尽くせりだったです。
b0249902_05370606.jpg

b0249902_05370747.jpg




マイナス面は・・・

今回は赤ちゃん(1歳以下)の参加者がほとんどで、坊と同じ年代の男の子がおらず、フリータイムは何かと一人で遊んでいました。
・・・まぁ、もともと群れるタイプの人間じゃないし、広い庭や敷地内の森?を一人でのびのび探索して楽しそうでしたが。

ちなみに、もうすぐ4歳の坊は上から3番目の年齢でした。

7~10か月の子が多く、坊がそのくらいのとき、一緒に旅行しようなんて、夢にも思わなかったなぁ・・・と思います。

なので、赤ちゃん連れてきたママたち、尊敬!

・・・まぁ、殆どが第2子以降のベビーだったので、多少は慣れもあったのかもしれないですが。


あと、参加者数が若干多すぎた。
大人が18名ほど。(内1名は付き添いのおばあちゃん、もう1名は参加者の友達・子なし)
子どもは複数連れてきていた人もいるので、大体18人ほど。

なかなかみんなと満遍なく話すことが難しかったし、連絡事項も全員に伝わっていなかったりして、もうちょっと小さいグループの方が落ち着いたかな、という感じでした。

なお、参加者の大半はイギリスから。
あとは、スイス、オランダ、フィンランド、スペイン、ポルトガル、ドイツ(私)からでした。

コミュニケーションは英語です。

b0249902_05370725.jpg


その他、フリータイムのことなどは、次回の記事にて・・・。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村









[PR]
# by new_message24 | 2017-05-31 05:29 | 旅行 | Comments(0)

b0249902_14220591.jpg


楽しみにしていたママ&キッズのためのヨガリトリート、スタートしました。

出発日、旦那も出張中で不在だったため、自力で空港へ。

電車移動だと遅延や、子どもの歩くスピードなど、不確定要素があるため早めに家を出発。
(何より、「早くヨガいこうよ」という子どもを家でなだめるのが面倒だった 笑)


トラム、ICEと乗り継ぎ空港へ。
b0249902_14220586.jpg


今回は前回書いた新しいスーツケースを1つ、持って行ったのですが、やっぱりXLって大きくて、ICEの席と席が背中合わせになったところにスーツケースを入れようという算段が狂い、ギリ、入らなかった・・・苦笑


電車は空いていたため、荷物を置くスペースがまだ空いていたのですが、よいしょと持ち上げるには重すぎて、横にいた中国人に人に手伝ってもらいました。

子ども連れてスーツケースもって段差のあるICEって気が引けると思うのですが、私はずうずうしくも、

「絶対誰かが手伝ってくれる」

という確信があり。



案の定、1人で降りようとする坊にさっと手を貸してくれた夫人と、私のスーツケースを下ろしてくれた男性が。


こういうところはドイツ、有難い。



さて空港に出発3時間前についた我々。

時間もふんだんにあったので、免税を見る余裕もあったりなんかして、私は10年ぶりにサングラスを新調しました。


で、ママも1つ買ったから、坊も1つ何かいいよ、と言ったら、選んできたのはBrioの消防列車。

もっとチープなものを想定していたのですが、まぁ私もサングラス買ったし、と購入。


しっかし、このBrioが物凄いいい働きしまして、それから4時間、坊は飽きることなくその箱を眺め続け、めっちゃ間が持ちました!

レストランでもずっと見て、

飛行機の出発までもずっと見て、

それから寝て、

起きてからまた見て、

着いてから荷物待っている間にも見て、

レンタカー手続きをしている間も見て、

車の中でも見て、

道を迷っている間に開けて遊んだ



これは価値のある23ユーロを払ったわ!

b0249902_14220641.jpg


想像を絶するゴミの山が散らかるイビザ空港でしたが、散々さまよった挙句、ようやくレンタカー会社の人を発見。
(店舗のあるところではないところから借りていた)

ナビを英語にしてもらうところまでやってもらいましたが、ナビの使い方がイマイチ分からず。


変な住所にナビられても困る、とナビは諦め、手元にあったリトリートまでの行き方が文章が書いてある紙だけをもって、空港を出発した私。


今思うとすごい勇気 笑


初めての島でナビなし運転!



・・・でも、何とか着きました。




今日は全く移動時に不平不満を言わず、私が迷ったときでもじっと待ってくれた坊。

助かりました。



ヨガは明日からスタートです。

b0249902_14220699.jpg



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
# by new_message24 | 2017-05-22 09:55 | 旅行 | Comments(0)

リモワのスーツケース


悩むこと数年、ようやくリモワのスーツケースを買いました。

うちは、日本帰国時はメインでアウトドアメーカーの巨大ダッフルバッグを使ってます。(North Face とかパタゴニアとか)

なんせ大容量。
しかもバッグ自体が軽いから、中に重いものもかなり入れられる。

そして、サーフブランド系(私はroxyとbillabongを使用)は、色やデザインがかわいい❤︎

とにかく大量に物を運ぶにはダッフルバッグが1番!と思います。


毎回、坊と2人の時は4つ、旦那もいるときは6つ、荷物を預けますが、行き(ドイツ→日本)は荷物が少ないため、バッグインバッグにするか、最小限のバッグで行き、段ボールを追加するかで対応。


しかし、預ける荷物の中に毎回スーツケースは1つ含めます。

本や、形を崩したくないものはスーツケースへ。

(ダッフルバッグでも、大抵アマゾンなどの空き箱にまず小物を詰めてから荷造りするので食品なども殆ど壊れずに運搬出来ますが)


今までは旦那のボロボロスーツケースを使い、去年スーパーのポイント貯めて安く買えるキャンペーンでスーツケースを買いましたが、使用2回目にして激しく破損←旦那が単独日本に行った際、乗り換え地だった北京にて


もう、そろそろリモワデビューしようと思い、重量重視で選びました。

(昔、実家にあったジェラルミンのリモワが恐ろしく重かった記憶があり)


Air Lightの87リットルにしました。
どうせドイツに住んでるから、ルフトハンザモデルで。
b0249902_04584935.jpg


やっぱり、凄く計算されて作られてますねー。

中身をかなり入れても、車輪が安定していてスムーズ。

87リットルじゃ、小さいかなと思いましたが、充分な大きさでした。


実際の使用感はまだ分かりませんが、来週、この新しいスーツケースを引き連れて母子旅行に行くので、リモワのお手並みを拝見、という感じです。


ちなみに、私は履歴書に

「特技: パッキング」

と書きたいくらい、スーツケース&大型バッグのパッキングが大好き!です。

これを職業にしたい位です 笑

毎回、日本からドイツに戻る際は、親から

「不可能」

と言われる量の物資を、隙間埋めテクニック?で詰めてみせます。
(難易度高いと燃えます 笑)


お仕事の依頼、お待ちしてます(≧∇≦)



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-05-21 04:35 | もの | Comments(4)

炭水化物を食べない


朝ごはん(9時半から幼稚園で食べる軽食)とお昼ごはんと2食、幼稚園にもたせていますが、最近、

炭水化物を食べない

という現象に見舞われ、頭を悩ませてます。

大体、

おにぎり
サラミサンド

が主力選手で、たまに

パスタ
春雨スープ
カレー(日本のではない)

を保温ジャーに入れて持たせます。


しかし、飽きたのか、あるときからおにぎりは手をつけず、パンも残すように。


炭水化物とらないと、すぐお腹すくんで、どうしても食べてもらいたいのですが。。


大好きなレタス&キュウリに混ぜたら食べるかも!と、ごはん・チキン・レタス・キュウリを瓶に入れ、別途ドレッシングを持参。
b0249902_04505781.jpg



…ごはんだけ残ってきました 涙


ちなみにお弁当の全容はこんな(レンコンキンピラ、ゴボウ漬け、イチゴ)だったのですが、ごはん以外のもの、お腹にたまらないよね。。。
b0249902_04505807.jpg



パンは面倒ですが、クッキー型で抜いてサンドイッチにするようにしたら食べるようになりました。


おにぎり、1番手軽でいいんだけどなぁ、、、

あ、ちなみに家では普通にごはん食べます。


メニューがあまりヘルシーでないため、選択制の給食には申し込まなかったのですが、2年目からは昼ごはんは給食にしようかなぁ。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-05-20 04:36 | 子ども | Comments(0)