ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

イースター以降、ずっとお天気が冴えない日々が続いていたドイツ。

ここ数日、ようやくピカッとした太陽が。
(紫外線かなり強そう・・・)

そしてTシャツやサンダルもようやく登場。


夏らしい天気になったからか、暑い国の料理が食べたくなります。


そしていきなり、「Soto Ayam(ソト アヤム)」が無性に食べたくなり、今夜のメニューはこれに決定。

Soto Ayamはインドネシアでポピュラーな鶏肉のスープなのですが、その昔、私がインドネシアにいたときは、よく食べてました。


普段、インドネシア料理が食べたくなることってほとんどないのですが・・・。

私が1年間、暮らしていたインドネシアの地方都市は、地方過ぎてインドネシア料理しか食べられないようなところで。
(パンを手に入れるのも一苦労で、当時はパンとか西洋料理が本当に食べたかったなぁ・・・)

朝・昼・晩とインドネシア料理だったので(ホームステイ先のお母さんは料理が上手だった)、もう一生分食べたよ・・・というか。


そもそも、インドネシア料理って、いろいろなスパイスを石のすり鉢ですりつぶして用意し使うので、なかなか同じ味が出せない。


今回のSoto Ayamも、インドネシア語のレシピを見ればよかったものの、クックパッドに逃げた私 苦笑


近所のスーパーで仕入れられるものだけを集めてみました。
b0249902_02501373.jpg



材料にパクチーとかナンプラーとか載っていて、

「インドネシア料理ではあまり使わないけどね~」

と思いながら作ってみたら・・・


やはり、記憶していた味とは全く違うものが出来上がりました 笑

b0249902_02501486.jpg



本場のものは、カレー粉が混ぜてあると思うのですが、今回、食べ終わった後にカレー粉を入れるのを忘れたことに気づきました・・・涙



これはこれでありな味でしたが、いつかまた、本場のSoto Ayamが食べたいなぁ・・・。



ちなみに、私は当時、何を食べても全くお腹を壊さなかったのが自慢でした 笑

だんだんと食堂や屋台のレベルを下げていき、

「ここは地元の人でもおなかを壊す」

と言われていた、本当に怪しすぎる、衛生という概念のまったくない屋台からも買い食いしたりして・・・。


・・・若かったな、自分。



ドイツではインドネシア料理屋さんって、私はまだ見たことがありませんが、お隣のオランダは歴史的背景もあり、インドネシア料理店は結構あるみたいです。

・・・オランダに行ったら食べたいもの、それはインドネシア料理だな。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
# by new_message24 | 2017-05-17 15:00 | 食べもの&飲みもの | Comments(2)

母の日 2017


母の日は、全世界的に同じ日なので覚えやすいが(確か、イギリスはひねくれてて違う日)、父の日はバラバラすぎて毎年覚えているのに苦労する私です。

(今年の場合、ドイツ→5/25、日本→6/18、オーストラリア→9/3)

あ、ちなみにオーストラリアというのは、私の高校生時代のホストファミリーのパパです。



はじめて母の日と認識した上でプレゼントをくれた坊。

・・・幼稚園で着々と進んでいたプレゼント作成プロジェクトですが、

「今日は母の日にあげるものを作った」

と、早々に秘密を暴露してくれました 笑


・・・普段は幼稚園で何をしたのか全く教えてくれないのに、こういうときだけ口が滑ってしまう人。


自分で切ったハート(ギザギザハート♥だわ←世代がバレる)が付いたラッピングの中身は、
b0249902_17314054.jpg


幼稚園で撮った写真。
b0249902_17314021.jpg



フレームについている飾りは自分でつけたもの。



日本語の幼稚園でもこんなん作ったようで、くれました。
b0249902_17314042.jpg



絵をかくときや、色塗りするとき、頑なに自分の好きな赤と青しか使わない人。


あとはお花。
b0249902_17314158.jpg


これは、
「パパが買った」

と正直に申告。



ありがとうございます。
短気な母ですが、今後とも耐えて下さい 笑


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村





[PR]
# by new_message24 | 2017-05-16 17:28 | イベント | Comments(0)

子どもの日 in ドイツ


(最近また背が高くなった気が・・・)
b0249902_23315800.jpg



うっかりすると忘れがちな日本の季節行事。

今年は、4月頭に日本に行った旦那の荷物の中に、鯉のぼりグッズが入っていたお陰で端午の節句を思い出すことが出来ました。

こちら、先日も書いた「100均鯉のぼり」
b0249902_05523089.jpg


学生時代のバイト先だった会社の方から頂いたお飾り
b0249902_23263153.jpg

柏餅は、柏も上新粉もなかったので、豆大福(富澤商店のキットがあった)で代用。
b0249902_23270636.jpg
・・・幼稚園のおやつに持たせたが、得たいが知れな過ぎたのか、手を付けず。


・・・残念っ!!!
(でも、私が全部美味しく食べました 笑)
b0249902_23274915.jpg

他にも、昔両親が持ってきてくれた100均鯉のぼり(100均ばっかりだな・・・)や、母親が旦那に持たせてくれた鯉のぼりカードなど、なんとなく、そんな気分になれたのは。。。多分私だけかな (苦笑)

次の行事は・・・あ!母の日だ!!!
(淡い期待←旦那に期待)



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村

[PR]
# by new_message24 | 2017-05-07 17:45 | イベント | Comments(0)

1月に予約して、ずっと楽しみにしていたヨガリトリート(ママ&キッズ)の日程が近づいてきました。

今回、なんと、事前のオンラインミーティングなるものがありました。

オンライン上でグループ会議ができるZOOMというアプリを使ったのですが、すごいですね、テクノロジー。

Skypeと違って事前の登録もいらないし、全員の顔が並んで見える。
そして発言者以外はミュート(音が出ない設定)にしてあるので、会話が錯綜することもなし。
チャットエリアもあるので、そこに質問を書き込むこともできるし、発言したい場合は「手を挙げる」というアイコンまで。

全部で9名のオンラインミーティングでしたが、ただただ、時代の流れに驚くばかりでした。


これまでも過去2回、ヨガリトリートにはいきましたが、いずれも単身だったので、気軽なもんでした。

でも、今回は参加者全員が子どもを連れてくるので、こうして事前になんとなくどんな人がやってくるのかを見られてよかったです。

中には生後9か月の赤ちゃんとくるというママもいて。
・・・坊が9か月のとき、私にはそんな余裕は全くなかったな。


でも、そのママ(シングルママだそう)曰く、

「まったく余裕がないから参加する」

のだそう。

なるほど。


うちの坊が最年長になるんじゃないかと思いますが、グループ内でお兄さん風を吹かせたい(幼稚園では一番年下)タイプなので、うってつけかも。


わくわく感が高まってきました♡



この人と参加します。
b0249902_17354198.jpg



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村





[PR]
# by new_message24 | 2017-05-03 17:31 | 旅行 | Comments(0)

必死で鯉のぼり


こちらドイツも今週末は3連休です。

先日、日本に旅行に行った旦那にスーツケースまるまる一個分、日本の食料やら本やらいろいろ詰めて持って帰ってきてもらったのですが(調達及び梱包はうちの親)、その中にひそませてあった鯉のぼり。

紙でできていて飾るだけで良いものはうちの母(工作苦手)、ダイソーの自分で作るタイプはきっと叔母さん(工作得意)から。

工作苦手&嫌いな私ですが、坊に鯉のぼり工作キットを見つけられてしまい、必死に作りましたヨ。
b0249902_05523089.jpg


1時間は少なくとも掛かった!
対象年齢8歳以上とあったけど、私が8歳のときはこんなん絶対出来なかったと思う。。

こちら、入魂の100均鯉のぼり、坊が18歳になるまで保管して毎年出してやる!くらいの気持ちです←それだけ工作が苦手


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-05-01 05:41 | 子ども | Comments(0)