ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

※※※ 妊娠・流産についての記事が続きます ※※※

※※※ 苦手な方、読みたくない方は読み進めないで下さい ※※※










そもそも、あまりドイツで周りの人に今回の妊娠のことを伝えていませんでした。
(1か月、日本に帰っていたので、その後でいいか、と思い)


急に、処置入院することになり、困ったのは「坊」。


タイミング悪く、幼稚園は夏休み中。


そして、仲のいい近所の友達で今回のことをすべて知っている人たち(4ファミリー)は全員旅行中。




急いで、入院前日夜に、仲良くてもまだ妊娠のことすら言っていなかった友達、そして、入院する日の次の日にたまたま来ることになっていた旦那お姉さん(同じく何も知らなかった)に連絡。




「実は妊娠していたんだけど、今回こういうことになって、明日入院することになったんだけど、坊を預かってもらえないか?」と。





出産も2人目以降はいろいろと実在する子をどこに預けるか、で色々アレンジが必要ですが、それは流産処置時も同じ。


手術だけだったら、自分ひとりでもいいかな、と思いましたが、


私のケースは分娩付きだったので、やっぱり旦那には一緒にいてもらいたかった。


なんだかんだやっているとはいえ、この局面で私のドイツ語力を超えた説明とかがあっても嫌なので。





結局、前日夜連絡→翌朝7時半に毎度Sちゃん(坊が赤ちゃんの頃から一番懐いている人、赤ちゃん時代唯一預けられる相手だった)とT君(仕事に行く前だった)が来てくれ、14時まで坊の大好きなTechnomeum(テクノロジー博物館)へ連れて行ってくれました。


そして14時からは、3時間かけて南下してきてくれた旦那お姉さんとバトンタッチ。


その翌日は午前中がお姉さんで、午後からはまた別の友人宅、


と、華麗な(?)バトンつなぎが行われました。



坊とも気心知れた相手に預かってもらえたお陰で、私もまったく心配せず、ゆっくりお腹の中の子との最後の時間を過ごすことが出来ました。






いきなりの入院!でしたが、私も1度出産で入院していたし、旦那も手術で入院したことがある場所だったのもよかった?です。

・・・何を持っていったらいいか、分かっていた、という点で。

(例えば、部屋のバスルームにハンドソープがないから各自持ってこないといけない、とか、手術着はあるけど、出産のときは私服だからもう捨ててもいいような部屋着を持って行ったほうがいい、とか)





そして私は、静かで穏やかな空気が漂う一人部屋(相部屋でしたが、最後まで一人だった)へ腰を落ち着けたのでした。










◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村



[PR]
# by new_message24 | 2017-09-05 16:34 | どなたかのお力になれたら(後期流産) | Comments(0)

※※※ 妊娠・流産についての記事が続きます ※※※

※※※ 苦手な方、読みたくない方は読み進めないで下さい ※※※













ついにやってきた羊水検査の当日。



外はしとしと雨の降る、夏なのに肌寒い、どんよりとした羊水検査日和でした・・・(自虐)





いつも坊を預かってもらっている上の階のファミリーが不在だったため、


坊は近くに住む日本人のお友達宅に預かってもらいました。
(Aちゃん、そして助っ人で来てくれたMさん、本当にどうもありがとうございました!!!)




大人げないかもしれませんが、私は本当にこの羊水検査が嫌で嫌で・・・。


何が嫌って、「針」がこの世の中で本当に嫌い。


(子どもの予防接種もまともに見られない。そしてうちの坊は注射が全然OKでまだ人生で1度も注射時に泣いていない)




私は、血管がわかりづらく、高確率で採血を失敗される人生を歩んできたため、

針に対して本当に抵抗がある。



それなのに、おなかにブスッとさすなんて・・・(くらっ)




散々周りに弱音を吐きました。


「羊水検査、怖い・・・」


と。





午前中の予約でしたが、専門医での予約が押していて、結構待ちました。


この間、緊張マックス。




前のカップルは、羊水検査の結果を聞きに来たらしく、診察室から戻ってきた2人が泣いていたのを見て・・・

本来の羊水検査の目的に関しても、もちろん、緊張超越マックス。





いろいろ、リスクとかが書かれた同意書にサインし、診察を待ちます。




私の順番がきて、まずは先生から改めて羊水検査の内容について説明を受け、それから質疑応答(聞くべきことなんて全く思い浮かばなかったですが)。

次に、再度エコーを。






・・・・で、ここですぐにわかりました。




お腹の中の子の心臓が動いていなかったことが。







実は、フィンランド旅行中に、

「あ、あの子はもう、旅立ってしまったな」


という瞬間がありました。



(どうしてわかったか、は、言葉では説明できないのですが)




旦那にも、

「多分、もう心臓が止まってしまっていると思う」


と伝えていたので、



エコーを見た瞬間、


2人とも、すぐに心臓が動いていないという事実を、「再確認した」という感じでした。





しばらくして先生からも、

「自然の摂理でこういうことになりました」


と死亡を伝えられ。




「あぁ、やっぱりあの感覚は間違ってなかったんだな・・・」

と思いました。






悲しみに浸っているまもなく、すぐに掛かりつけの婦人科に行くように言われ。



そして婦人科でも、

「今から病院に電話を入れておくから、明日の朝、7時半~8時に病院へ行って入院するように」

(出産も通常の検査は開業医で、出産自体は大きな病院になります)

と。




どこの病院がいいか、と聞かれましたが、


私はうちから一番近い、坊を出産した病院を選びました。




誘発分娩になるので、恐らく何泊か入院することになるかもしれない、とのこと。






「あぁ、ついにこうなってしまったな・・・」」

というのが正直な実感でした。






その日1日、涙すら流れないほどの急な展開でしたが、


預かって貰っていた坊を、お友達宅に迎えに行った際、



そちらの子に

「赤ちゃん、どうしたん?もう出てきた?」


と言われ、一気にぐっと。



そして、お友達が、

黙って、泣きながら抱きしめてくれて、



私は泣きました。





それは、勿論、とてつもなく悲しいという気持ちと、


あとは、自分のことで一緒に涙してくれている友達の温かさに触れて、


自然に流れてきた涙でした。







結局、羊水検査は受けなかった訳ですが、こんな風にも思います。




私が散々、

「羊水検査、怖い!いやだ!」

と言ったから、



お腹の子は、羊水検査になる前に・・・と旅立ったのではないか、と。



偶然それが、その子の寿命だったのかもしれませんが、

羊水検査をして、

結果を待つ間、

とかではなく、


ママが嫌がっている羊水検査の前に、


というのに、「意思」のようなものを感じてしまいます。





それを加味したタイミングであったのなら、



ママに針の恐怖を味わわせないでくれて有難う、

と、

ママのわがままのせいで急かしてしまってごめんなさい、


と、 伝えたいです。




◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村











[PR]
# by new_message24 | 2017-08-31 16:10 | どなたかのお力になれたら(後期流産) | Comments(0)

長々とフィンランド旅行備忘録にお付き合い頂き有難うございました。

我が家の旅行の楽しみの一つが、

「坊が夜寝たら、ホテルのバーに繰り出す」

ことなんですが、今回、その際にとっても便利だったアプリを紹介したいと思います。




これまではIKEAのベビーモニターを持って行って使っていたのですが、

IKEA、侮るなかれ、かなり距離が離れていても電波をちゃんとキャッチしてくれます。

ホテルの部屋が2階までならこのIKEAのでOK!



しかし、ちょっと広いホテルとか、階が上とかになるとさすがに圏外になる・・・。



で、今回試してみたアプリがこちら。
b0249902_15521492.jpg



有料ですが、すごく役に立ちました。




使い方としては、スマフォ2台にこのアプリを入れ、

(WiFi か3Gなどのネットワーク環境であることが前提)

1台を子どもの寝ている部屋に置き、もう1台を持参。


部屋で音がすると、持参した携帯にお知らせが来ます。
(部屋の音も聞こえます)


あと、ビデオ機能もあるので、部屋の様子も見られます。



それと、マイク機能もあるので、こちらから部屋にいる子どもに話しかけることも可能。




うちは1度寝たら、あまり起きませんが、1度だけ、水を飲みたくて途中で起き、

水が近くになかったので、


「水の~み~たい~!!!!」


と携帯から絶叫が。



そのときホテルが迷路みたいなホテルで、部屋までの移動に結構時間がかかる場所だったのですが、

旦那がホテル部屋に向かう間に、


私がマイクで

「パパ今行くからね~」

となだめ、

「あ、じゃぁ、今、レスキューが来るのね」

と叫び声が止みました。



(両親が部屋にいなかったことは全く疑問に思わなかったらしい)



便利な世の中だなぁ。



旅行って、四六時中みんな一緒に行動するので、(しかも大抵は子どもペース)結構疲れる。

なので、夜の数時間、静かに会話の出来る、大人な時間@大人空間、を毎晩楽しみにしています。



おすすめアプリです。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村






[PR]
# by new_message24 | 2017-08-31 15:47 | 旅行 | Comments(0)

ムーミンワールドがあるナーンタリから、帰りは市バスでトゥルクへ。

(トゥルクは駅からバスが着くマーケット広場までの間が結構な坂で、スーツケースが若干キツかった)


また車内キッズエリアの恩恵を受けつつ、ヘルシンキへと戻りました。


最終日は、夕方のフライトだったので、日中はフェリーで、要塞の島、スオメンリンナ島(ユネスコ世界遺産)へ。
b0249902_16353075.jpg


素晴らしい天気!
(晴れと雨の差が激しい国、と感じました…)
b0249902_16353115.jpg

b0249902_16353158.jpg



坊の好きな潜水艦もありました。
b0249902_16353201.jpg


大砲と戯れる子ってどうなんだろう、、、と思いつつ。
b0249902_16353295.jpg

b0249902_16353338.jpg




…やっぱりフィンランド、好きです。

また是非行きたいなー。



今回、1番買いたかったものもゲットしました。

b0249902_16353357.jpg


マリメッコのテーブルクロス(ビニール、防水加工)。

うちはダイニングが黒×黄ベースなので、Rasymattoの黒×黄のクロスがいいな、と思っていましたが、マリメッコのアウトレットにも、本社内正規店にもなく。


最後にヘルシンキで泊まったホテルの隣、Forum(ムーミンショップもこの中にあります)内のマリメッコのお店で見つけて買いました。


食器類は収納スペースがないため、購入せず。

…そろそろまた、家の大片付けでもしようかな、と思っています。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-08-29 16:10 | 旅行 | Comments(0)

フィンランドの夏、ピカーン!と日差しが強烈な時間と、バケツの水をひっくり返したような雨が降る時間とが、同日内に起こる、ということが分かりました 苦笑

(ドイツではあまり大雨って降りません。少なくとも私の住んでいるところでは)


で、ムーミンワールドに行った日、ドンピシャの雨!

基本、外なんで、雨にずぶ濡れで、なんかもう、笑うしかない、みたいな妙なテンションでした 笑


この橋を渡った先が、ムーミンワールド。
b0249902_19084634.jpg



ムーミンたちも頑張って雨宿りしていました 笑
b0249902_19084688.jpg




ムーミンハウス
b0249902_19084781.jpg


中はこんな感じ
b0249902_19084827.jpg

b0249902_19084995.jpg

b0249902_19084974.jpg


普段はこの海、泳げるらしいです。
b0249902_19085047.jpg


ムーミンパパのボートも雨で哀愁たっぷり 笑
b0249902_19085106.jpg


森の中にはたくさん、楽しそうな遊び場があったけど、、、また次回かな。
b0249902_19085143.jpg



ムーミンワールドは夏の短い期間しかオープンしていません。
(冬は1週間だけ開けるみたい)

自然と融合したテーマパークならでは。


日本からのツアーの皆さんもたくさんいましたが、グループの年齢層が高めで、ムーミン人気の幅広さを実感。


お昼に食べたパスタ(室内で食べられるところが少なく、こちらに。基本、晴れた日を想定して売店で買って外で食べるような設定だった)、全然期待していなかったけど、案外美味しかったです。
b0249902_19085224.jpg



全身ずぶ濡れになったムーミンワールドでした。

坊は、雨なんかこれっぽっちも気にしていなくて、エンジョイしていました。


今でも、折に触れて、
「またムーミンワールド行こうね」
と、言っています。


はい、私も、また、是非雨でないときに行きたいです!


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-08-28 16:13 | 旅行 | Comments(0)