ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

冬中家族内で唯一元気だったのに、春先に弱い自分、今年は胃腸にきました。

幼稚園でも胃腸ウイルスが流行っているようで、坊には手洗いうがいを徹底させていたのですが。

こういうときは、何も食べないに限る!が私の治し方ですが、ドイツで胃腸をヤラレタときに摂るのがこちら。
b0249902_22535297.jpg

★コーラ
★ツイーバック(ラスク)
★小さいプレッツェル
★フェネル茶

ちなみに小瓶はホメオパシーのokoubaka。
上の階から貰い、摂取してみたところ、効果テキメン!
これはうちでも常備しよう、と早速ネット薬局でポチッとしました。


お腹を壊してコーラ〜!?
とか思うかもしれませんが、案外いいんですよ。あと、吐き気とかにも。

私はこのドイツ流食事療法&日本から持参している梅肉エキス&お粥+梅干で胃腸系は治しています。
b0249902_02404953.jpg



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-04-04 18:43 | 生活 | Comments(2)

新消防署のオープンデー


先日、消防車の引越しパレードが行われた新消防署で一般に向けたオープンデーがありました。
b0249902_19361704.jpg


勿論、参加。
我々は開始から30分後位には着いたのに、すでにかなりの人出。

2時間後にはすし詰め状態で、食べ物の屋台が軽く20〜30分待ちになっていたので、予想以上の人が来たんじゃないかな、と思います。

b0249902_19361860.jpg

b0249902_19361898.jpg



署内の様子も見られて楽しかったです。

シフト表を説明する人。
b0249902_19361949.jpg


司令室?管制室?
b0249902_19362074.jpg


制服の肩のところに付いている「星」の色や数で階級が示されているそうで、それを聞いてからはすれ違う人の肩チェック。

きっと、坊の幼稚園の子は全員来ていたはず、っていう位たくさん幼稚園や近所の子に会いました。

近隣住民にとっては一大イベントでした。

消防署が近所に引越してきてから、消防車を見る率が高くなりました。

まぁ、お世話にならないに越したことはありませんが。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-04-03 19:22 | イベント | Comments(0)

お花見


この地域でお花見と言えば、Schwetzingenのお城の庭園。

先週末は北ドイツに行っていたため、

「既に満開」

のニュースに焦りつつ、月曜日午後に行って来ました。

お天気最高!
b0249902_19395082.jpg


毎年大体、このお花見で風邪を引くパターンなんで、冬のコートを着て行ったら流石に暑かった…。

b0249902_19395180.jpg

b0249902_19395191.jpg


一緒に行ったお友達とのんびりピクニックしました。
b0249902_19395232.jpg


前日の日曜日は大混雑で、入場規制?まであったそうです。

花見は平日に限る。

毎日晴れて暖かく、ドイツの冬を乗り切った達成感を味わっています。

…4月は結構天気が悪いことが多いので、今のうちに日光浴しておかないと。。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-03-30 19:30 | おでかけ | Comments(0)

第2子出産ヘルプ


第2子を妊娠中だった友達が先週無事出産しました。

2012年
もともと旦那同士が会社の同僚ということで知り合った彼女。
(当時お互い子なし)

2013年
まず私が坊を出産し、その4か月後に彼女も長男君を出産。

2014年
うちが引っ越したあと、そちらも引っ越し
(家が徒歩5分圏内)

2016年
坊が幼稚園入園、その4か月後に同じ幼稚園に長男君も入園


・・・とまぁ、全く同じようなライフイベントをほぼ同時期に体験していて家族ぐるみのお付き合いです。



彼女の両親は車で2時間弱のところに住んでおり、また高齢のため出産ヘルプは物理的に難しいとのこと。
旦那さんは外国人なので、ご両親はドイツにはおらず。

長男君が慣れていて、預けても大丈夫そうな家、ということで、出産スタート時にはうちに連絡がまずくることになっていました。


予定日より10日早い平日夜19時。


電話キターーーーっ!



今、破水したので、あと1時間くらいしたら長男君を旦那さんが連れていく、とのこと。
そして、今夜はうちに泊まらせてくれ、と。


内気で人見知りするタイプの長男君。
うちに遊びに来てもいつもお母さんにベッタリなので、本当にうちに来て泊まれるのか、という不安を覚えながらも受け入れ準備開始。


・・・最悪、私が病院に連れて行って、一緒に待合室で遊んで待って居よう、という算段で。

(※あくまでも旦那さんは出産立ち合いの意向)

旦那さんに持たせた非常食キット。
うちは出産に至るまで時間が掛かり、当時付き添ってくれた旦那&私の母がお腹すいたんじゃないかとずっと気になって仕方がなかったので 笑

(結局、あれよあれよという間に生まれ、後日お祝いに行ったキッズ3人にこれらは消費されましたが ←うちの子含む)
b0249902_16514204.jpg


うちについてしばらくは、パパから離れようとしませんでしたが、既に布団に入っていた坊のところに長男君を連れて行くと、お泊り会的な雰囲気が盛り上がり、一気に坊と寝るムードに。


結局、坊はいつも通り布団で、長男君はReisebett(旅行の時につかう折り畳みのベビーベッド)に寝て、ドリーのCD聞きながら眠りについてくれました。



夜中、目が覚めて大泣きされたらどうしよう・・・と私はハラハラで、1時間おきに目が覚め、寝た気がしないまま朝に。

ボーイズは、母の心知らずで、めちゃくちゃよく寝てました 汗 ←ホッ



一緒に朝ごはんを食べ、私は2人分のお弁当をそれぞれに持たせ、一緒に仲良く幼稚園へ。
b0249902_16524710.jpg

それにしても、子どものやるときはやる!という底力を目の当たりにしました。
ママがいない方が、シャキッと自分でなんでもする子の典型な長男君でした。


家族が近くにいない第2子出産は、また違ったドラマがあるな、と体験した一晩でした。




ちなみに次男君は夜中の1時過ぎにつるりと生まれ、翌々日にお祝いに病院へ行ってきました。

彼女の病室、私が坊を出産したときに泊まったのと全く同じ部屋の全く同じベッドだったので、なんだか思い出がフラッシュバックしました。

もうちょっと広かったと思った病室は案外狭く、出産後の私には高すぎて苦労した便座は全然普通の高さで、苦笑い。


いやー、しかし、あの新生児生活をもう一度やっている友達、尊敬です。
・・・私にはつらかった思い出しか残っていないわ(笑)





[PR]
# by new_message24 | 2017-03-29 16:45 | 生活 | Comments(0)

ベビーシャワーに初参加


坊が幼稚園で仲良くなった友だちのママと私も仲良くなり、最近よく遊んでいます。

2人目妊娠中の坊友ママ。
ベビーシャワーに呼んでもらい、初参加してきました。

(ベビーシャワー→アメリカ発祥で、妊婦さんを囲んでお祝いするパーティー)

ドイツではベビーシャワー、初めてでした。ドイツママの間ではあまり一般的でないと思います。

坊友ママはイタリア人(ドイツで生まれ育っているけど)なので、イタリアでは結構やるのかしら?

常々感じますが、イタリアの人たちの家族愛というか、結束って凄いですね。

そのママも半径200メートル以内に全ての家族&親戚が住んでるレベルで、常に家族親戚と行き来している感じ。

…典型的な都会型核家族な我が家とは大違い!笑

参加者は、実姉(イタリア人)、義姉(イタリア人)、叔母さん(イタリア人)、友人(旦那さんはイタリア人のドイツ×韓国系アメリカ人)とイタリア関係者に囲まれてきました。

(みな、ドイツ語もイタリア語も話せる)

参加者みな子持ちのため、幼稚園&学校に行っていない時間帯の午前中に集合。

朝ごはんでお腹いっぱいになった後、こんなケーキが出てきました!
b0249902_23341943.jpg

もう名前決まっていて公表しちゃうの、なんだか新鮮。

初めてのベビーシャワーで何を持参したらいいのか分からなかったので、希望を尋ね、私はギフト券とちょっとした赤ちゃん&ママケア用品を添えました。
b0249902_23342053.jpg


ドイツ人女子とはまた違う、イタリア人女子のパワーに触れ、楽しかったです。
(そしてイタリア女子、かわいくてオシャレ 笑)

私は文化民族的マイノリティとか、多文化共生とか、そういったテーマに興味があるので、ドイツに住むイタリア人ファミリーとのお付き合いも楽しく興味深くさせて貰っています。

こうして新しい知り合いが増えたのも坊のお陰。

坊が生まれる前は友だちほぼゼロだったドイツ生活ですが、子どもを通じて本当に多くの出会いに恵まれ、坊にも感謝しています。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2017-03-28 23:01 | イベント | Comments(0)