ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

ついにやってしまった、オートロック


玄関のドアーを閉めると、もう鍵なしでは開けられないオートロック式のドイツの家。
いつかやってしまいそうだなーと思っていた、「鍵なし、パタン(←扉が後ろで閉まる音)」。
そして1番最悪な事態の「私out、坊in」。

ついにやりましたよ、鍵なし、パタン、坊inを、、、!←1歳半の息子は部屋の中、の意

買い物から帰ってきた我々。
まずは買い物袋2つと坊を2階の我が家に運び、コートを脱いで、重いので階下に置いてきたビン類の飲み物をとりに行こうと外に出て、扉を閉めた瞬間。

あ、私鍵ないわ。。。←案外冷静だった

持ち物:携帯のみ
身なり:コートなし、でもブーツはそのまままだ履いていた(ホッ)

とりあえず、もしかしたら奇跡で1歳半の坊がドアーを開けてくれるかもしれない!という淡い期待を抱き、部屋の呼び鈴を押したり、「坊~、ドアー開けて~」と問いかけてみるも、全く中から反応なし。

うちの鍵は上の階の人にスペアキーを預けてあるものの、我々が買い物から帰ってきたとき、これから買い物に行く上の階ママ&子たちに会ったので、不在なことは分かっている。

幸いなことに、どこへ買い物へ行ったか知っていたので、これはもう、私に残された道は

「ただ、走って追いかける」

のみ。


外からドアーが開けられないので、何も出来ないのだけど、とりあえず、階下に住むいつも優しい初老のこのフラット全体のお母さん(というより肝っ玉母ちゃん!?)という感じの人に、事情を説明し、坊が一人で家にいることを伝える。

泣きだしたらドアーの外から話しかける作戦をとるべく、1階に住むその方のドアーを開けたままにして、上の音が聞こえるようにしてくれるとのこと。

とりあえず、私はダッシュ。
途中、走りながら上の階のママに電話するも、電話に出ず。(無念!)

行った先は歩いて10分弱位のスーパー。
走れど走れど、彼らの姿は見えず・・・。

そのうち、そのスーパーの目の前に住む旦那同僚のお宅にも鍵を預けていたことを思い出し(←後からこれは間違えだったことが分かる)、とりあえず、その奥さん(最近一緒にパリへ行ったりした人です)に電話してみたところ、偶然にも散歩に行こうとしていた彼女とそこのうちの坊やを発見。

事情をカクカクしかじか。

上の階の人、今、ここを通ったばかりだよ!
というので、私は引き続きダッシュ。

その奥さんは旦那同僚の旦那さんに電話→旦那の耳にも初めてこの事態が入る。

私は無事、スーパー手前にて上の階の鍵をゲット。

そのまま引き返し、またひたすら走る。
(こんなにダッシュしたのはいつ振りか・・・)

途中、また旦那同僚奥さんにも会い、旦那、こちらへ向かっていると・・・OMG!
(毎週この日は私が車を使うため、旦那は1時間かけて交通公共機関にて会社へ行っていたので、旦那に帰ってきてもらうというオプションは自分の中にはなかった)


まずは建物のドアーを開け、3階の家に侵入すべく階段ダッシュ。
が、途中、我が家からは全く泣き声等が聞こえず。

幸い、3階の家のどこにうちの鍵があるかを知っていたので(←これ、ホントよかった)、即効鍵を手にし、2階へ。

鍵を開け、中に入ると・・・。

まだコートも靴もはいたままの坊が、忙しそうにオモチャのキッチンで遊んでいました・・・。
汗びっしょりで駆け寄る私に見せた笑顔、私は一生忘れないわ・・・苦笑


一人にしておいたのは15分弱位なのですが、1階の人曰く、全く泣いたりしなかったそう。
家の中でも、買い物袋からものを出して、家の至る所に隠したりして遊んでたみたいです・・・。

私が出て行くところをみていなかったので、私がいないことに気づいていなかったのかもしれませんが、なにはともあれ、よかった・・・。

幸い、台所やバスルーム等、特に危険が潜んでいるようなところは全部閉まっていたし、外に危ないものも出していなかったし、坊もお腹いっぱい&眠くないような時間帯だったし、できっと大丈夫だろうと心の中では感じていたものの、実際何事もなくこれ、本当に幸い、でした。


旦那に帰ってこなくていいよ、を伝えるべく電話するも全く出ず。
そして事件発生後から40分後位に、同僚の車を借りてうちに帰ってきました(汗)

嗚呼、やっちまった、な事件でした。。


普段、これを恐れていたので、本当にいつも注意していたのですが、不意にやってしまいました。。
スペアキー、もっとばら撒こう(?)と心に誓いました。


それにしても、心強いご近所さんに恵まれ、本当によかったです。。
ふぅ。

ドイツにお住まいの、特に小さな自力ではまだドアーを開けられないようなお子さんをお持ちの皆さま、どうぞ私の二の舞になりませんように・・・。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by asaqoo999 at 2015-02-21 11:44
お疲れ様なストーリー、ハラハラ読ませてもらいましたよ。結果無事でよかったよね、ほんと。是非、信用のおける人にスペアをばら撒いたほうがいいね。私も鍵を追いかけて夫のいる海浜幕張まで財布一つで行ったことある 笑
Commented by エバ at 2015-02-21 22:50 x
こんにちは。
やってしまいましたね、、、、  私も以前違う状況で外に出されてしまいました。
これは本当に困る、オートロックは微妙なシステムですよね。
私は最近知ったのですが、ドアの枠側の鍵の納まる場所にオートロック解除する所があります。
もし買い物の後、不安な状況なら是非使ってみてください。
(でも、またオートロックにしてね)
Commented by new_message24 at 2015-02-22 03:51
>asaqoo999さま
全く、やってしまったわ!直前まで鍵のこと考えてたから更に悔しさ倍増〜。
翌日はやはり筋肉痛だったw
Commented by new_message24 at 2015-02-22 03:55
>エバさま
そうなんですねっ!知らなかった!
見てみます〜!!
今回は私が閉めましたが、ドアーを閉めるのがマイブームな坊に閉め出される危険性も、、汗
Commented by ゆり at 2018-05-07 03:11 x
私も先程同じような手口で10万8千取られました、、、。
英語もドイツ語もまだ勉強中であまり流暢に話せない、金持ちな日本人だと思われたんだと思います。
感じの良いお兄ちゃんだったのにショックです。
金額が聞いてたのと違くても簡単に人を信じてはダメですね、、、。
言葉が分からなくてもきちんと理由を聞く、私はこう聞いていた、と伝えるべきです。
私のような人がいなくなりますように( ; ; )
Commented by new_message24 at 2018-06-12 17:15
> ゆりさん
(コメント拝見するのが遅くなり失礼しました!)
がーーーん・・・。
そんなことがあったのですね・・・。
しかし、私のドイツ人の友達もかなり高額とられていました。
時間外!?とかなんかで。。。
値段があってないような世界なんでしょうね。。
それにしても悔しい。。。
by new_message24 | 2015-02-21 07:09 | 子ども | Comments(6)