ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

専門医(遺伝子・染色体)へ(後期流産)


※※※ 妊娠・流産についての記事が続きます ※※※

※※※ 苦手な方、読みたくない方は読み進めないで下さい ※※※








あれよあれよと事が進み、気が付くと我々夫婦は婦人科の中でも遺伝子や染色体、出生前診断の専門医の待合室にいました。


色々と事情を持った妊婦さんが来るこの医院。

気のせいかもしれませんが、待合室の空気も重いです・・・。(完全予約制なので、自分の前の人がいただけでしたが)




私の婦人科主治医のエコーとは月とすっぽん以上に違う、最新鋭のエコーで1時間みっちりエコー診断。


静かな先生で、アシスタントに記録用に専門用語をときどき発する以外は終始無言。



・・・おっ重すぎる。。。

そして怖すぎる。。。





結局、最後の方で、3点、異常が認められた箇所について教えてくれました。

恐らく、染色体のいずれかの番号に問題があるのではないか、ということ。

具体的に診断するには、羊水検査をするしかない、とのこと。



その際、染色体異常の例えを挙げて話をしてくれましたが、例えば、予後がいいとされる21トリソミー(ダウン症)やターナー症候群かもしれないし、予後が悪い18トリソミーか13トリソミーかもしれないし、と。



赤ちゃんの異常点のうちの一つが「単一臍帯動脈」というもので、

へその緒には通常、2本の動脈と1本の静脈がないといけないところ、

私と胎児をつないでいるへその緒には動脈が1本しかないそう。

(そんなところまで見えるエコー、すごいです)


なので、栄養がちゃんと赤ちゃんにいっていないこともあり、赤ちゃんが通常その数週の平均よりも全然小さく、そうなると十分な組織が羊水内に浮遊していない可能性が高いので、あと1週間待ってから羊水検査しましょう、ということになりました。


なお、今後出産に至った際は、出産時に十分な酸素が赤ちゃんに届かないため、その場合は帝王切開になります、と言われました。




「染色体異常の可能性大」

と専門家に言われ、意気消沈したのは言うまでもありませんが、それならそれで、どうするか、検査までしっかり考えよう、私はそう思いました。


しかし、採血だけでも毎回必死に耐える位、私は針が嫌いです・・・。


私にとって羊水検査は、本当に本当に、帝王切開よりも怖くて、相当ビビッていました。。。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村









[PR]
by new_message24 | 2017-08-21 23:22 | どなたかのお力になれたら(後期流産) | Comments(0)