ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ボーリング特訓へ


ボーリング場に行きました。
b0249902_16280330.jpg


私→ドイツで初めて(来独8年目)
坊→生まれて初めて(5歳)
嬢→生まれて初めて(3ヶ月)


まさか5歳児連れてボーリング行くなんて思ってもみませんでしたけどね、でも必要に駆られて。


以前にも登場した、坊の大好きなレイナちゃん。


レイナちゃんはもう小学生になってしまい、幼稚園で毎日会うことはなくなりましたが、それでもまだ交流は続いていて、お互いの家を行き来していました。

しかし、クリスマス目前のある日、

「あと2週間で引っ越す」

といきなり告げられ。


レイナちゃんのご両親が離婚することになり、ドイツでは1年間の別居期間がないと離婚出来ないため、それに向けた別居とのこと。


レイナちゃんはママとママの実家があるストラスブール近くの町に。

パパはそのままマンハイムに。


がびーん!!!


…しばらく坊には告げられずにいたけど、レイナちゃん宅に最後に行ったときに聞いたらしく。

でも、ちゃんと受けいれているようでした。
(それより、お父さんとお母さんが離れて暮らす、というのが理解するのに難しいみたい)



週末はパパのところに来るとのことだったので、これからも遊ぼうと思ったら遊べるのが幸いですが。。



で、本題。


この度、レイナちゃんパパから連絡が来て、


坊がレイナちゃんの誕生日会@ボーリング場に呼ばれました!!!


そこで焦ったのは我々、両親。


坊は運動神経がよくないだけでなく、ゲームなど超本気になるので、負けると手が付けられない程荒れる!!


特に球技はからっきしダメなんで、そのまま誕生日会に送り込んだら、大好きな子の前で赤っ恥かくことになる。。。



よって、坊を連れ、いざ、ボーリング場へ!!!

さぁ、特訓だっ!
b0249902_16272011.jpg

子ども用のボールがなく、5歳児には大きく重すぎるボールで、全然真っ直ぐいかない。

3回くらい投げて、既にキレた坊。



で、近くのレーンでプレイしていたセミプロちっくなおじさんがやってきて、

「Kinderbahn(子どもレーン)にできるよ」

と、各レーンにあるタッチパネルスクリーンで、子ども用レーン(ボールが横の溝に落ちないように、下からブロックが出てくる)にしてくれました。


おかげで、なんとか、ノロノロとボールは壁にあたりながらも前に進み、数本倒れた…笑涙


よく分からないと思いますが、横からブロックが上がっている図
b0249902_16330303.jpg


いやはや。
子どもの誕生日会の為に、我々必死です 苦笑


こちらの人は爆睡
b0249902_16344110.jpg


とてもキレイでモダンなボーリング場でビックリしました(って、日本のボーリング場にも軽く15年以上行ってないから日本もそうなのかもしれないけど)。

自席で食べ物や飲み物もオーダー出来るし(当たり前だったりする!?)、これはいい娯楽かも。


ちなみに我々が行った月曜日、Bowling Worldでは1ゲーム99セント/人(靴代込み)で、大変お得でした。

(だからかもしれないけど、全レーン埋まっていた)


誕生日会前に、また練習に行くかな。。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!



# by new_message24 | 2019-02-13 16:07 | 生活 | Comments(2)

旦那、出張につき


先日、子どもが2人になってから初の出張(夫)がありました。

そのうち1日は私の貴重な夜外出ひとり時間、Rückbildung(産後トレーニング)の日。

コースを受け持つヘバメさん(助産師さん)に聞いたところ、子ども1人なら連れてきてよいとのこと。

連れて行くなら坊の方が断然楽ですが、当然、連れて行かないといけないのは嬢。

当日までに色々な戦略を練りまして、当日もそれに合わせて嬢の昼寝をコントロール。

まず、坊ですが、いつもより早め18時半から寝る支度開始。(我が家はいつも17時位に夕食食べてます、坊と私だけ)

絵本読み聞かせ(毎日夜は3冊)の間、嬢は途中まで寝かせ、途中で起こして授乳しながら絵本。(時短のため、同時進行)

坊におやすみをした後、嬢の外出準備。
普段は母乳だけですが、寝てくれることを願いミルクも投入。(お湯は冷めるよう、読み聞かせ前に準備)

そしてベビーフォン(ベビーモニター)を下の階のおばあちゃん(血縁関係なし)に預け、私と嬢は車でGO!

コース開催場所の病院までは車で5分。
通常なら嬢、その5分で寝るのですが、ミルクを投入したがため、しゃっくりが出て寝落ちなかったという、痛恨のミス!!

仕方がないので、起きている嬢と共に入室。

コースは19時45分〜21時までと、普段嬢が寝ている、もしくは寝られずに泣いている時間帯なので、出来るとこまでやって、グズったら帰ろう、と。

この時間帯、機嫌よくひとりでゴロゴロしている、というチョイスはない、と思いきやー。


機嫌よく、ゴロゴロしてました、嬢。
愛想振りまきながら。

結構、1時間もちました。
(最後15分は眠さで泣いた、で、帰る準備している間に寝落ちた)

周りのママたちから、すごいねー、と言われましたが、私が誰よりも

「すげーっ!!!」

と思ってましたよ。


坊のときは(何度もごめんよ、坊)、ベビー付きのヨガとか行っても5分も参加出来ず。

更衣室でひたすらあやす、を何度したことか。。

ただゴロんとしてくれていることが、全くなかった坊ですから。。


哀れみの目で見られることには慣れていても、羨望の目で見られたことはありませんでしたから。。



そんなこんなで、無事、終了。


しかし、色んな汗かいたわ。。


その晩、嬢もいつもより簡単に寝て、長く寝てくれて万々歳でしたが、出張先のスイスで泊まっているという、星のたくさん付いているステキなホテルの写真が送られてきて、ステキなスパもある、と言われた日には、どう埋め合わせ(?)をして貰おうかと、考えずにはいられない、私でした。

(ベッドで広々、朝まで寝たーい!自分のペースでご飯食べたーい!移動時間とか贅沢時間だわー!)


本日のMVP、嬢
b0249902_19280063.jpg


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!



# by new_message24 | 2019-02-06 17:14 | 子ども | Comments(0)

こちらではそれぞれの町にElternschule(エルタンシューレ・直訳すると、両親学校?)というものがあります。

Elternschuleでは、妊娠出産、赤ちゃん、幼児に関する様々な講座やサービス(マッサージなど)を提供しています。

うちの近所にも2箇所ありますが、今回は出産した病院の中にあるElternschuleをよく利用しました。




私が受けたものはざっと・・・

☆出産前☆
・Geburtvorbereitungkurs(出産準備コース)
    2時間×4回と4時間×1回

・マタニティピラティス
    8回コースを2回受けた

・マタニティマッサージ
    2回

・Osteopathie(オステオパシー)
    1回

・鍼
    1回←本当は4回位するのですが、なんとなくいいかな、と1回でやめた

・Geschwisterkurs(兄弟コース)
   1回

☆産後☆
・Baby Gymnastik(ベビージムナスティック)
    5回コース

・Rückbuildungsgymnastik(産褥体操?教室)
    7回コース ※進行中

・Osteopathie(私と嬢、それぞれ)
    私→1回
    嬢→2回

・産後ピラティス ベビー付
    8回コース ※Rückbildungが終わってから

以上


オステオパシーは前々から気になっていたものの、特に身体に不調がなく、これまで受けたことはなかったのですが、今回、受けてみました。

うまく説明出来ないのですが(そこまで理解もしていない)、背骨の矯正や筋肉の弛緩を助け、身体が本来あるべき姿に近づけるお手伝いのようなもの、と理解していますが、合ってる!?

カイロプラクティックのように直接バキバキするのではなく、優しいタッチでほぼ触っているだけ、なので痛くないし、私はとてもリラックス出来ます。

私が受けた理由は、妊娠中、産後、確実に身体が歪んでいると思ったから。

嬢が受けたのは、主に背骨に異常がないかチェックしてもらうため。

嬢はあっという間に生まれてきて、出産が早かった子によく見られる首の骨の詰まりがあったそうで、そういえばいつも同じ方向に首を傾けている。

1回の施術後、毎日やるエクササイズも教えてもらい、左右均等に首が向くようになりました。


もう一つ、特筆すべきは、兄弟コース。

こちらは、お兄ちゃん、お姉ちゃんになる子を対象にした子ども向けの出産準備コース。

赤ちゃんがお腹にどう入ってるかとか、オムツの替え方とか(!)、あとは手作りのガラガラを作ったりする内容だったみたいです。←子どもオンリーのコースで親は入れない


坊には是非、このコースを受けてもらいたくて。

結果、嬢が生まれる2日前にギリギリセーフで受講!
(そんなに頻繁に開催されていない)

嬢が生まれた後、兄弟コースで貰った

Großer Bruder (お兄ちゃん)

のバッヂをつけて誇らしげに病室に登場しましたよ。
b0249902_18083928.jpg




坊の生まれたとき、家に引きこもりたくなくて、片っ端から色々なベビーコースにいきました。

ドイツで当時は友だちも少なかった、というか、子どものいる友だちはいなかったから。

コースに通いまくって、外出はそれなりにストレスだったけど(泣き叫ぶのがデフォルトな坊だった)、私の世界は(坊もと信じたい)大きく広がりました。


嬢とも出来るだけ2人でコースに通いたいけど、幼稚園が13時半には終わる坊がいるため、あまりチョイスがありません。

それでも、またベビーコースに通い、坊のときには全くなかった心の余裕?みたいなものも楽しんでいるこの頃です。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!



# by new_message24 | 2019-02-04 20:07 | 妊娠・出産② | Comments(0)

ネントレ&スケジュール生活、続きです。

ネントレですが、私が目指したいのは、ベッドに置いたら自力で寝られる子、です。

前回も書きましたが、ずっと抱っこしていてくれるパパにより、すっかり自力で寝れなくなった嬢。
(新生児のときは、自分で勝手に寝られたのに)


私がやっているのは、嬢をおくるみで包み、授乳クッション(ドイツの大きいやつ)でベッドを作り、その上にのせて、寝るまで粘る、です。

こんなお昼寝スタイル↓
b0249902_04021111.jpg

嬢はおしゃぶりを受け付けず、でも寝入るのに助けになるんじゃないか?と勝手に思い、とりあえずおしゃぶりを入れて、私が横で押さえてます。
(実は物凄い迷惑だったりして)

あとはひたすら、寝るまで横で待つ。
泣いていてもひたすら待つ。
全然眠そうでなくても待つ。

以上!


最初の1週間は泣いているとかわいそうだし、なんとかしてあげたくなりますが、とにかくガマン。

時間を決めて、それでも泣いていたら抱っこしようと思っていますが、大体、その時間が経つ前に自分で落ち着いてます。

こりゃ寝ないでしょ?みたいなレベルでも、最後にちゃんと自分で眠れている成功体験?で、私にもこれはイケル!みたいな自信が付いてきました。

10分位で寝ることもあれば、40分粘って寝たのが5分…みたいなこともありますが、毎日の積み重ねですかね。


ネントレを始めてしばらくしてから、夜の睡眠も安定してきて、夜間は1回授乳で起きるだけになりました。

ようやくドイツも日が長くなってきましたが、生まれてから2ヶ月の間は最も日照時間が短く、しかも日照もない時期。

朝、7時に起こしたところでまだ真っ暗。

なんで、昼と夜の区別がつくのに時間が掛かったかなぁ、と思います。

いずれにせよ、坊より遥かに寝てくれる&寝るのが上手で助かってます…。


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!



# by new_message24 | 2019-01-31 03:53 | 子ども | Comments(0)

赤ちゃんネントレ(=ネンネ トレーニング)&スケジュール生活、始めました。


b0249902_06365204.jpg


スケジュールに沿った生活は坊のときにもしていましたが、ネントレはすんごい寝るのが下手で、朝まで寝られるようになるまで2年かかった坊のときは、こんなに早くはしませんでした。

しかし、2人目はごめん、寝かしつけに時間をかけていられないっ(汗)

※坊の名誉のために書いておくと、今では自分の部屋で1人で勝手に寝て、夜起きないし、朝まで部屋から出てこない、寝ることに関しては大変優秀なお子になりました


今回、嬢が生まれて最初の6週間、会社を休んだ旦那。

私より泣いている赤ちゃんに耐えられない旦那は、泣いている子を放っておけず、常に抱っこ、寝てからもひたすら抱っこしていて、6週の間に抱っこで寝る、がスタンダードになっていた。。


それで困るのは私です。

旦那が仕事に戻ってから数日は、頑張って抱っこしたり、スリング入れたり、抱っこ紐いれたりしましたが、それだと生活成り立たず。


最初の6週間のうちにクリスマスや年末年始があり、坊もうちにいた時間が長かったため、毎日のスケジュールもバラバラ。

…という訳で、ネントレ&スケジュールに沿った毎日を送るを開始。


2ヶ月半の現在、昼寝は4回。
(午前2回、午後2回)
起きていられる時間は1時間半(含、授乳時間)。


毎日のスケジュールとしてはざっくりと

 7:00 起床&サクッと授乳
 8:15 朝寝① 20〜30分
 9:00 授乳
 9:30 オムツ替え、一人遊び
10:00 外出(おつかいなど) 朝寝② 2〜3時間
→この間に夕食準備、洗濯など家事とランチ
12:30 授乳
13:00 オムツ替え、一人遊び
13:45 坊お迎え
14:15 昼寝① 1時間
15:30 授乳
16:00 オムツ替え、一人遊び
16:30 昼寝② 30分
18:30 授乳
19:00 夜寝準備

こんな感じです。

ひとり寝(自力で寝てもらう)させているのは、朝寝①と昼寝①、あとは夜寝。

日中、朝寝②のときは出掛けるときにベビーカーの中や車で寝ます。

あと、坊習い事のときは昼寝②も移動中にZzz。

うちにいるときは昼寝②は忙しい時間帯なので、抱っこやスリング、抱っこ紐で並行して坊の夕飯準備。


スケジュールはあると、毎日の計画が立てやすいし、嬢が機嫌いい時間、悪い時間が分かるので、それに合わせて私の外出や友達との約束を立てられてよい。

なにより、嬢が大体の流れを掴んできたので、生活がスムーズ。(そうはいかないときもありますが)


問題のネントレですが、長くなってきたので、また別記事にて。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!



# by new_message24 | 2019-01-27 05:42 | 子ども | Comments(0)