ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


14週


本当は行きたくなかった日本での検診。

何故なら、前回、お腹の赤ちゃんに異常がありそうだと最初に見つけてくれたのが、日本の婦人科の先生だったから。

日本の鮮明なエコーでみたら、また何か見えてしまうのではないか、そう思うともう何も知りたくない、と思って。



しかし、ドイツの先生からは、

「日本にいる間に必ず1回は検診に行くように」

と言われていました。



・・・前歴があるので、ドイツの先生もすごく慎重になっているのを感じます。




よっぽど行くのが嫌だったのか、行く当日の朝にはまたすごく嫌な夢を見たりして・・・。



重い、重い足取りで婦人科へ。



まずは、前回のことを経緯を追って説明しました。

とても親身に聞いてくれた先生。

社交辞令かもしれませんが、

「何もしてあげられなくてごめんなさいね」

という一言に、何も返せませんでしたが、

先生が見つけてくれなかったら、きっと、何も知らずに、ある日本当に突然心臓が止まっているのが見つかったと思うので、

そう思うと、心の準備をするきっかけをくれた先生に感謝しています。




とりあえ見せてください、とエコーを。


もう、私はこのエコーが怖くて怖くて。

心臓の止まった我が子をこの目でしっかりと見たことは、完全に心の傷になっています。


だから、私が一番はじめにみるのも、やっぱり心臓。


動いている、とわかったとき、


「よかった、生きてますね」


と言ったら、先生からは、


「当たり前です」


と言われました。




心臓は動いて当たり前なのか。
私にとってはもう、それだけで奇跡なんですが。



先生からは、

「妊娠は1回1回、まったくの別もので、異常は確率の問題だから前回だめだったからと言って、今回もつなげて考えなくて大丈夫ですよ」

と言われました。



・・・頭ではわかっていても、難しいですよ!



染色体異常がある場合に見られる箇所を重点的に見てもらったところ、


「14週の状態としては、すべて順調。異常もないし、五体満足です。」


と言ってもらえました。





ホーーーーーーーーっ!!!!





エコーの前に測った血圧が高すぎる(150超え)とのことで、こんなにいつも血圧が高いのか、と聞かれたので、


「緊張しすぎて心臓がバクバクしすぎました」

と言ったら、もう1度測ってくれて、

エコー後では、ちゃんと120に戻っていました。


・・・正直な身体。




とりあえず、私の中での第一関門を突破した感じでした。



この先生に見えなかったなら、大丈夫!と前向きになれるようになりました。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
by new_message24 | 2018-05-21 18:12 | 妊娠・出産② | Comments(0)