ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

船便到着☆


1月の19日と24日にそれぞれ送り出した船便、特別郵袋郵便物で出したもの以外、昨晩、無事届きました☆

1か月と1~2週間位だったので、船便にしては早く届いた方かと思います。

一体、中に何が入っていたか、記憶が定かではないけれど、確か春物とかだったはず。(まだ開けていない)

これで残る荷物は(ひとまず)本30キロ分のみになりました~。
[PR]
# by new_message24 | 2012-03-08 15:57 | 生活 | Comments(0)

洗濯について


毎日が恐ろしくあっと言う間に過ぎていきます。
13時まで学校で、それからコースメイトたちとお昼食べて、町で生活に必要なもの買って、家に帰ってくるともう夕方で、夕食作りながら宿題して、夕食食べ終わってからも宿題して、そしてすぐ寝る、みたいな毎日です。

学生をなめていたー!

いや、昨年も1年間大学院へ行っていたけど、そのときは記憶するとか、そういった勉強ではなかったし、一人で住んでいたので、自分のペースで生きていたので、もうちょっと余裕があったような。。

でも、毎日学校楽しいです!
新しいことを毎日学ぶって、大変だけど、日々成長している感(?)があってなかなかいいもんです。

-----

先日、ようやく溜まりに溜まっていた洗濯が全て終わりました(ほっ)。
主には洗濯機がなかったころ、彼が使っていたシーツとかタオルとか、あとはセーター・ズボン類なのですが、いかんせん、干す場所が限られているので、一気に洗えない&干しているものが乾かないと次の洗濯が出来ないというジレンマ。

ちなみに、今住んでいるところには地下倉庫(ケラー)があって、そこに洗濯室があり、うち以外の世帯はすべてそこに洗濯機&乾燥機を置いているのですが、一応うち、一番最上階なので、そこから地下に洗濯持って行くのも大変だし、みんな乾燥機を使うか、地下の同じ部屋に洗濯を干していて、日本人的感覚からすると、太陽があたらない地下に洗濯物干すのはいかがなものかと・・・。

ということで、うちは狭くなったけど、バス・シャワー・トイレのある洗面所に設置しました。

地下室はこんな感じです。
窓が一応あるけど、地下なので見えるのは隣の家の壁です(苦笑)

b0249902_23553168.jpg


で、洗濯ものを干す先はこの子

b0249902_23563524.jpg


イギリスでもこれを使っていたのですが、ヨーロッパの定番なのかしら??
使いやすい/ヅライ、賛否両論あるみたいですが、私としては結構使いやすいので不便してません。

ドイツは屋外に干したらいけない、外干ししていた日本人が訴えられたとか、そんなことを聞いたことがあったので、絶対に外には干せないんだと思っていたけど、彼に聞いても、近くに住む別のドイツ人友達・Sちゃんに聞いても、そんなことない、という。

確かに、この前、うちの向かえの方にある家の窓から、だいたんに干している家がありました。

b0249902_02550.jpg


縦干しです。どこにひっかけているのだろう??
ここはシンガポールかスペインかっ!?という感じです。


うちは、バスルームに小さいベランダが付いてます。
b0249902_033177.jpg

b0249902_035877.jpg


午前中はここにちょうど太陽が当たるので、ここに洗濯物干しを置いたり、あとは廊下や、暖房しているときは居間に置いたりして、乾かしております。

ちなみに洗剤は、ちかくのBioショップで買ったAlma Winというところのものを使っています。
今、サイト見てみたら、日本語もあってビックリ!

サイトによると、「AlmaWin製品は皮膚科学的安全性の証明とEcoGarantieR認証をもつヨーロッパでただ一つの洗剤ブランドであり、敏感なお肌のお客様ニーズに応えられる、これまでにない全く新しいタイプのエコ洗剤」だそうな。

エコ洗剤だけど、しっかり汚れも落ちるし、匂いもきつくないし、いい感じです。
[PR]
# by new_message24 | 2012-03-07 00:18 | 掃除・洗濯 | Comments(0)

香川の真ちゃん(と勝手に呼んでいるが)が所属するドルトムント(BVB)の大ファンである彼(あ、真ちゃんが好きだからという訳ではなく、ずっとチームを応援しているそう)は、ディズニーランドで言うところの「年パス」、シーズンチケットを保有していて、一度でも手放してしまうと、もう取るのが難しいから、と日本にいた2年間も会費を払い続けて、チケットをキープしていた位、ドルトムント好き。

もっと言うと、昨年ドルトムントがマイスター(チャンピオン)になったときは、週末に日本から試合&パレードみるために飛んで行っちゃたくらい、お熱です。

マンハイムからは3時間半位電車で掛るのですが、ホームマッチは結構頻繁に観に行っています。

で、今週末もホームマッチがあったので、やんわり、しかしNOとは言わせない勢いで、行こうと言われました。

しかし、このシーズンチケット持っているのは彼だけなので、私は入れないんだよね。

好都合なことに、イギリスの大学院時代に一番仲良くしていた友達の一人がドイツ人で、ドルトムントからもそう遠くないところに住んでいるので、私は、その友達と再会してきました。

今回はデュッセルドルフで会うことに。
デュッセルドルフと言えば、日本人がたくさん住んでいて、日本食レストランも本屋も日本人美容師さんがいる美容院も、日本のパン屋だってある、日本ワンダーランド。

友達にまずは日本関係のお店が集まっているエリアに連れて行ってもらって、回転寿司のランチ(笑)

Kiku Sushi

私はまだドイツへ来て1か月も経っていないし、全然日本食でなくてもよかったんですがね、そして食べるならラーメンとか定食とかがよかったんですけどね、でも、彼女とはイギリスでよくyo sushiというチェーンだけど、そしてイギリスだけど(笑)美味しい回転寿司によく行っていたので、何となく、寿司的な流れで寿司ランチに。

お店の人たちはみんな中国人だった&お店は結構混んでいた割に、日本人の人は他に(そのときは)居なかったけど、まぁまぁ美味しかったです。

ちなみに、我々の後に、回転寿司エリア(テーブル席もある)が35席(?)すべて貸切になっていたのですが、帰り際、絶対これはオタクのオフ会でしょうという感じのドイツの若者たちがぞろぞろと店に入ってきた。
みんな黒い服着ていて、そしてオタクっぽくって、ちょっと面白かった。。

それから、幾つかスーパーや食材店も見て回りましたが、凄いね!さすが、デュッセルドルフ!
何でも揃っているわ~。驚いた。ここに住んでいる人たちは、何の不自由もしなさそう。
勿論、値段はかなり割高だけど、それでもすぐに食材、とくに薄切りの肉とかが手に入るのはいいなー。
まぁ、こういうところが近くにあると、ドイツへの適応にも時間が掛るだろうと思うので、たまに買い出しに行ければいいかな、と。

あとは、町をブラブラとして(土曜日だったからかもしれないけど、凄い人でした)、イギリス時代によくそうしていたように、買いもしないのに、服とかアクセサリーとかを見て回り、カフェでお茶して、途中、自分が一体どこにいるのか分からなくなりながらも、友達との再会、楽しみました☆

新しい国に、昔からの友達がいるというのは、心強いものです。


ちなみに、ドルトムント vs マインツ戦は、2-1でドルトムントが勝利し(ホッ)、夜は、ドルトムント近くに住む、お姉さんのうちに泊って、今日またマンハイムへ戻ってきました。


マンハイムから北上していく電車は、途中ライン川沿いをずっと走り、ローレライとかも通るのですが、とてもいい感じです。かわいい町やお城があって、川には貨物とか観光の船が行き来していて、丘にはワイン用の葡萄畑が広がっていて。

ビデオ撮ったのですが、このブログには直接アップ出来ないようなので、また別の方法で上げたいと思います。
[PR]
# by new_message24 | 2012-03-05 04:44 | おでかけ | Comments(0)

学食ランチ


無事、語学学校1週目が終わりました。
90分×2コマ+45分×1コマの半日クラスも、毎日あっという間に終わります。

先生の教え方も物凄く上手いし、クラスメイトにも本当に恵まれたので、毎日楽しいです☆

学校やクラス、先生の質が高くても、クラスメイトはなかなかコントロールできないですからねぇ。
誰と一緒になるかは、運だと思うし。
そして当り外れも時の運~。

先日知り合いになった日本人の人のクラスは、誰も友達作ろうとするような雰囲気ではなく、休み時間になるとみんな蜘蛛の子を散らしたようにどこかへ消えていくので、話す人もいない、と嘆いていた。

そんなこんなで、愉快な仲間たちとの1週間が終了です。


ゲーテの学生は、近くにある大学と専門学校、それぞれの学食が使えるカードを入手できるのですが、学食は安いし、授業が終わるとうちのクラスの男性陣はみんなで一緒に食べに行っています。

今日は私も一緒に行ったのだけど、学食、超広っ!そして種類もたくさんありました。
サラダバーも充実していたし、ベジタリアンのカウンターもあったし。

私はトマトチキン+ライス、それとサラダバーにしたけど、合わせて4ユーロちょっとでした。

そして、全然期待していなかったけど、とても美味しかった!
驚きです!!

イギリスの大学院へ行っていたとき、イギリスの大学の学食は恐ろしくまずくて、しかも全然種類もなくて、殆んど利用しなかったのですが、ドイツの学食は全然違いました。

うん、リピート決定!

@学食で

b0249902_635550.jpg


愉快な仲間たち

b0249902_6355478.jpg

-----

ところで昨日は、「徒歩5分圏内で手に入る食材のみを使って鍋を作る」企画を開催しました 笑

だしとかは、日本から持ってきたものだけど、でも、近くのBioのお店で買った白菜や、Marktkauf(スーパー)で買ったシイタケも新鮮で美味しかったので、全体的にそれらしい鍋になりました。

きょう、残りでスープを作ったけど、いい出汁出ていて美味しかったなぁ。。。

この「旨味」という味覚は、日本人にしか備わっていないと、昔家庭科で習ったことがあるけど、やっぱり同居人・彼にはあの旨味が分んないのかな?


鍋の材料

b0249902_6364434.jpg

[PR]
# by new_message24 | 2012-03-03 06:39 | 語学学校(ドイツ語) | Comments(0)

マンハイムツアー


今日は学校が終わった後、15時~学校主催のマンハイムツアーがあったので参加してきました。
ちょうど、彼が終日国内出張で、朝4時半頃に出掛け、夜は23時過ぎまで帰らないということだったので、タイミングばっちり!

駅からスタートし、まずは町のシンボルである給水塔へ。

あんまりいい写真じゃないけど。。

b0249902_4363447.jpg


そして町の中心地、Parade Platzへ。

b0249902_438224.jpg


その後、Schloss(お城)だけど今は大学として使われている、ドイツ最古のバロック式建物へ。

b0249902_4394245.jpg


行ってみたかった劇場や博物館、ミュージアムの場所も分かってよかったです。
あと、よさげなカフェやレストランがあるエリアとか、小シアターや若手アーティストのアトリエが集まっているエリアとかも。

今後、もっと散策してみます。

今日は、実は同じ学校に通っていた日本人の人たちとも知り合いました。
1名の人とは特に、すごく気が合いそうで、これからの放課後ライフが楽しくなりそうー。

ツアーの最後には、地元のドイツ料理レストランへも行ったけど、ドイツ人で賑わっていたので、有名なところなのかな?(名前控えるの忘れた)


今まで決して手を出してこなかったシュニッツェルにとうとう手を出してしまいました。。
・・・そして、美味しかった☆


ところで、他のレベルのクラスの人たち何名かに、私のクラス間違ってるんじゃないの?と指摘されました。
もっと上からスタートしてもいいんじゃないの?という意味らしいのですが、まだはじまったばかりだし、クラスメートもとてもいいメンツだし(しかも他のクラスは15名とか結構大人数でやっているみたい)、取りあえず知っているところをおさらいする位からが気も休まるので、明日からも楽しく愉快な仲間たちと楽しく勉強していきたいと思います。
[PR]
# by new_message24 | 2012-03-01 04:52 | 語学学校(ドイツ語) | Comments(0)