ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

日本での多忙な週末


(ドイツへ戻ってもう1ヶ月経ったのに、まだ日本の記事を書いている・・・)


今回、3回しかなかった週末。
そのうち1週は大阪に行っていたので、東京での週末は4日のみ。

いつも限られた日程で誰と遊んでもらうかは、迷うところです。


今回は、

土曜日①江ノ島&鎌倉
日曜日①横浜(原鉄道模型博物館&観覧車)
土曜日②多摩(ハグハグの森&多摩センター)
日曜日②代々木公園 

でした。




土曜日①江ノ島&鎌倉


都内の実家からここまではやっぱり遠い!
歩きたくないと騒ぎまくる坊。
日本の観光地には誘惑が多すぎて、特にガチャガチャはもう、爆破したいくらいな殺意を覚えました。
(何メートルか置きにあって、その度にほしいと言われ、うんざり)

結局、なんだかんだでトータル10キロ歩いて1日終了。
b0249902_16365893.jpg

b0249902_16371928.jpg







日曜日①横浜(原鉄道模型博物館&観覧車)

鎌倉の次の日は横浜。
一旦自宅に帰る気力は絶対ない、と思い、土曜日は鎌倉後、横浜入して前泊しました 笑


原鉄道博物館、個人が収集したとは思えない充実のコレクション!
整理券をゲットすると、子どもは鉄道模型の運転ができます。

鉄道熱がすっかり冷めた坊ですが、ちゃっかり運転しました。
b0249902_16373243.jpg

b0249902_16374536.jpg


この日も色々騒いでご同行頂いた皆さまにはご迷惑お掛けしたなぁ・・・。


b0249902_16380252.jpg




土曜日②多摩(ハグハグの森、多摩センター)

この頃の多摩動物公園駅のキッズフレンドリーな感じにはビックリします。
遡ること約20年前、私が大学生のときにこの駅を使っていたのですが、そのときは本当に地味な田舎の駅でしかなかった。。
b0249902_19030070.jpg
3月にオープンしたというハグハグの森。
週末は時間いくら、という料金体系で「高い!」と聞いていたけど、木のぬくもりを感じる室内の遊具施設やおもちゃがとてもよかったです。
値段だけのことはあった。

b0249902_19030548.jpg


朝のオープンと同時に行ったら、なかはガラガラ。
このように、独り占め。
b0249902_19031109.jpg


ここもガラーン。

b0249902_19031885.jpg



この上の部分、入って遊べるんですが、なんかもう、迷路みたいですごそうだった。
私は入らなかったため、坊も早々に出てきましたが・・・。

b0249902_19033822.jpg



ちゃんと各所にスタッフの人が立っていて、こういうところ日本はきめ細かい。
b0249902_19143187.jpg
園内を走るSL。
坊もしっかり乗りました。
この目でこの踏切を通る列車を見るまでは帰らない、の図。
b0249902_19143857.jpg
日曜日②代々木公園


天気のよい日曜日で代々木公園は賑わっていました。
ピクニックシート広げ、私は友達とまったり。
坊は、他の友達やその友達と遊んでいたので、楽な日曜日になってよかったー。

この日、ラオスフェスをやっていてランチはこちらから調達。
b0249902_19171977.jpg

・・・なーんて具合な週末をすごしていました。


坊は月~金で幼稚園へ行き、週末もこうして忙しく動き回っていたので、さぞ疲れたろうと思います。


やっぱり5月の日本は過ごしやすくてマル!です。







[PR]
# by new_message24 | 2018-06-25 18:16 | 日本一時帰国 | Comments(0)

日本の幼稚園・短期入園


今回の帰国のメインの目的は、

「坊の幼稚園短期入園」

でした。



昨年7月にお世話になった日本の幼稚園。

ドイツへ帰った後も、お手紙を出したり、

クリスマスにはプレゼントの詰め合わせを送ったり、

2月に2週間だけ日本に行った際も、手土産をもってご挨拶に行ったり、

とご縁を絶やさないようにして、今回も通園を快く承諾いただきました。

(うちの人、去年は暑さと通いたくなさとで散々だったので、断られるのではないか、と母は必死であの手この手を・・・苦笑)




去年はクラス人数の関係で、1つ上の年中さんに入れてもらっていたのですが、

今年も同じメンバー、同じ先生のほうがいいでしょう、ということで、1つ上の年長さんクラスに入れていただきました。



日本の平均からすると、6歳児の身長がある坊。

身体のサイズは全く違和感ないけれど、やはり成長面で1年の差はとても大きいので、どうだろう???

と思いましたが、そこはしっかりした日本の幼稚園児のクラスメイトが色々助けて、引っ張っていってくれました。

感謝。



クラスに去年もぐいぐい引っ張っていってくれたずば抜けて身長の高い女の子がいたのですが、

奇しくもその子の名前が「レナちゃん」。

(坊が好きなドイツ人のクラスメイトの名前がレイナちゃん)

そのレナちゃんが随分と坊の面倒を見てくれたらしく、

かわいい女の子が大好きな坊は、毎日うきうき♪と幼稚園へ通っていました。


あぁ、今年は本当に楽だったなぁ。

(自力自転車に20キロ近い坊を乗せて走る片道10分強はとっても辛かったけど)

朝も素直に準備してくれるし、

幼稚園につくと、勝手に中に入って消えていくし、

お弁当も食べてくれたし。←日本のお弁当に入っているものは食べないので、中身はドイツから持ち込み



幼稚園では、相変わらずのはちゃめちゃっぷりを発揮していたみたいですが、

そこは懐が深く、ドイツの先生なんかとは比べ物にならないほどの忍耐力と、力量のある先生方が、笑って対応してくださいました(涙)

b0249902_17473925.jpeg


幼稚園、サイコー!だっただけでなく、なんと、通園初日に大学時代の知り合いをお迎えママの中に発見!

同じ幼稚園の年長さんに男の子が通っている、とのことで、なんという偶然!!

早速、連絡先を交換し、次の日には子ども同士で公園で遊ばせてみました。


相手の男の子も、その友達曰く、一筋縄ではいかない幼稚園からちくちく言われる子、で、うちの坊と一緒ー!!!


クセのありまくる男子同士、はじめはどうかなー?と思いましたが、結局すごく打ち解け、2人で仲良く遊ぶようになり、いろんな意味で嬉しかった。

幼稚園の後の時間、何回も遊んで男子同士は交友を深め、

我々は、面倒男子あるある話で盛り上がり、お互い慰め合い、

この奇跡的な再会に心から感謝!

b0249902_17493929.jpeg



2週間の幼稚園通園。

坊は大好きな工作もたくさんやらせてもらったみたいだし、

田植えや筍の皮を剥くという貴重な経験もできたみたいだし、

去年の苦行並みの経験を乗り越え、また通わせられて本当によかったです。



日本の幼稚園、バンザイ!



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2018-06-22 17:44 | 日本一時帰国 | Comments(0)

NIPTを受けました(16週)


日本から帰ってきて、すぐにドイツでも検診があり、先生に、

「去年行った、出生前診断の専門医の先生のところで羊水検査をしようね」

と言われました。


色々と取り立たされることの多い「出生前診断」。

私は今回、妊娠当初、こういった診断は一切受けたくない、と考えていました。

・・・何故なら、私はもう、何があっても生む、と前回から決めていたから。

それならば、余計なことは考えたくないし、検査はしたくない、と思っていました。


婦人科の先生からは、やはり患者に異常有無を知らせ、こちらに決断させる時間を与える義務があるようで、

何度も、専門医行きについて言われました。



私は心の奥底で、

「今回は絶対に大丈夫だと思う」

という思いがあったのですが、


もしも、のときは、産める病院が決まってくるし、
(いつもお世話になっている病院はNICUがないので、必然的に別の病院を選ばないといけない)

生まれた後のサポート体制を事前に整えておくために、

専門医のところに行ってもいいかな、と思うようになりました。

勿論、あくまでも生むのが前提で。




しかしながら、正直、羊水検査をする必要性をあまり感じておらず、行っていきなり「羊水検査」は違和感を感じるなぁ、と。



受付の人は、わざわざ予約をとったあとに、別の早い日程で空きが出たから、と電話してきてくれ、予約を早めてくれました。

羊水検査は、今がベストな大きさだから、と。


なので、当日、「羊水検査はドクターを話してから決めたい」と、羊水検査に関する同意書を書きながら伝えると、

「えぇ!?今日やらないでどんどん先延ばしすると、それだけ危険がともなうよ」

みたいなことを言われました。



が、やはり、私は受けたくないな、と。
(勿論、針が怖いこともある)



お医者さんと去年は結局トリソミー18でした、ということや、

旦那と2人、自分たちの染色体異常を調べる検査をして、どちらも正常だったこと、

などを伝えました。



先生からは、羊水検査でわかること、そしてそのリスク(去年、同じ内容を聞いたことが記憶に新しい)の説明があって、

羊水検査のように、すべての染色体についてわかるわけではないけれど、13、18、21、それに性染色体異常のことならかなり高い確率でわかる血液検査があるよ、と言われました。


日本でいう、NIPTで、こちらは費用実費。
(羊水検査は、私の場合は医者からの紹介状があるため保険でカバー)


迷わず、じゃぁ、血液検査で、とお願いしました。


先生曰く、トリソミー13、18だった場合は、エコーで見ただけで大体異常がわかる、

でも、21の場合は、エコーでわからない場合もある。

この血液検査はトリソミー21(所謂ダウン症)は99,9%の確率で正しい結果が出る、とのこと。



とにかくまずはエコーで診て、もし少しでも疑わしいところがあったら、即、羊水検査、

エコーでなにもなかったら、血液検査、

血液検査でなにか判明したら、やっぱりその後羊水検査、

にしましょう、ということになりました。

(何が何でも羊水検査をさせたいらしい)



10ヶ月前に横たわったベッド。

その目の前にあるスクリーン。

このスクリーンで、私は、次男の心臓が止まっているのをみました。

本当に私にとっては恐怖の場所。



見るのが怖かったけど、恐る恐る見てみたスクリーンには、元気に動く子の姿が。


先生は、見ながら、アシスタントの人が記録するように、色々専門用語で伝えていくのですが、

去年のような深刻な感じも、重い感じも受けず、仕舞にはアシスタントの人ももう用はない、という感じでいなくなってしまったので、

これは・・・

と思いましたが、



結果、やはり、異常箇所はなし、とのこと。



なので、やはり血液検査をお願いすることにしました。



この検査、調べる内容によって値段が変わる、というとても商業的な匂いが漂う検査でしたが、

21だけだと、199ユーロ
13、18、21だけだと、269ユーロ
13、18、21、性染色体だと、299ユーロ

でした。


ちなみに性別も希望すればこちらは無料で(失笑)教えてくれます。


普通に採血をして、結果は1週間後に電話してください、とのことでした。



すっきりはせずとも、去年よりは全然明るく軽い足取りで、クリニックの外にでた私達でした。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村




[PR]
# by new_message24 | 2018-06-19 18:35 | 妊娠・出産② | Comments(0)

大阪へいざ!



わたくし、今回、非常に時差ボケが酷くて、治るのに2週間以上かかっていたのですが(汗)、それとは対照的に2日でリカバリーした坊。
・・・年の差!?

そんな我々、まだ時差ボケが治らぬ頃、大阪へと行きました。


マンハイムに住んでいたお友達(Aちゃんとします)一家で、去年日本へ帰ってしまった子に会うために。


今回、奇跡的?に予定が合わせられ、同じくマンハイム在住の日本人ママ(Mちゃんとします)宅と、あとAちゃんのところの娘ちゃんと同じドイツの幼稚園で仲良くしていたインドネシア人の子の一家とマンハイム在住3家族合わせての大阪行きとなりました。

坊にとってははじめての日本の新幹線。
(ちなみに台湾の新幹線には乗ったことがある)
彼が好きなのはハヤブサなのと、この頃鉄道への熱が冷めてしまったので、新幹線も特に感動はなく・・・汗

我々は朝2時から起きていて、這うようにして朝のラッシュの山手線に乗り、品川駅へ到着。
そこでMちゃん一家と合流。(私はすでにそのとき廃人)

東京→大阪ってあっという間ですね。
(のぞみに乗車)
b0249902_21302391.jpg



大阪にて、8ヵ月ぶりのAちゃん&Aちゃん娘、そして1日早く大阪Inしていたインドネシア人一家に合流。


初日は大阪キッズプラザというテレビ局内にある、室内遊戯施設で子どもを放牧自由に遊ばせました。

b0249902_21314018.jpg

b0249902_21320772.jpg


宿は今回、私初体験のAir B&B。
3家族で泊まったのですが、The日本の一昔前の家!という感じで、ある意味すごく貴重な体験!

私はいわゆる日本の昭和の家というのは住んだことがなく、友達でもこういうタイプのうちに住んでいる子はいなかったので、坊のみならず、私にとっても初めての体験 笑
(引き戸で、階段がきゅうで、台所のすぐよこに脱衣所なくいきなりお風呂で、お風呂がものすごく深くて、居間とか食堂の区別がない、みたいな家)

ドラえもんのように、押し入れの中で寝るのが夢だった坊。
うちの実家には押し入れがないので、嬉々として2日間、押し入れ泊した坊。(そして穴蔵みたいな感じがよかったのか、両日とも12時間爆睡)

押入れで遊ぶ子どもたち
b0249902_21325399.jpg

翌日はAちゃんのお宅にみんなでお邪魔し、その後、行ってみたかった万博公園へ。
太陽の塔、大迫力!!!

青空とのコントラストで、さらに存在感UP。
b0249902_21344958.jpg
Aちゃんのところの娘ちゃんとうちの坊は1歳ちょいのときからずっと一緒だったお友達同士。
誕生日も1週間しか違わず、日本人が多いとは言えないここマンハイムで、すぐ近所に住んでいて、ほぼ毎日のように遊んでいました。
(お互い、一筋縄ではいかない子どもをもって、よく悩みを吐露しあい、そして励まし合ったね!)

ふたりともすっかり大きくなりましたが、こうしてまだ、お友達でいられて本当によかったね。

b0249902_21351199.jpg
あっという間の大阪滞在。
大阪らしいものは何一つ食べてませんが(あ、たこ焼きだけかろうじて食べた)、本当に素敵な時間、リユニオンを楽しめた3日間でした。


また会いに行くねー!

b0249902_21353190.jpg
(この記事を書いているときに大阪での地震が起こりました。Aちゃんのお宅もテレビやタンスが倒れたようで、被害の大きさにドキっとしました・・・。これ以上の揺れや被害が起こりませんように。)








[PR]
# by new_message24 | 2018-06-12 17:49 | 日本一時帰国 | Comments(0)

日本一時帰国してました


じっ時間があっという間に過ぎていく~、今日この頃。

全然ブログを書いていましたが、

日本へ4週間一時帰国して



すでにまたドイツに帰り、



日常のリズムに戻った ところです。



今回は、

☆母子のみ帰国(1か月、自由気ままだった旦那、羨ましいなー)

☆メインは2週間の日本の幼稚園通園

☆遠出は「大阪」のみ

☆坊的なハイライトは「藤子F不二雄ミュージアム」と「キッザニア」

でした。


これから少しずつ、滞在記をアップしていきたいと思います。

b0249902_17164273.jpeg


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2018-06-12 17:10 | 日本一時帰国 | Comments(0)