ドイツでナチュラルライフ(の予定) newmessage.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

2012年2月~ドイツで暮らしています。こんな感じで生きてます、という徒然系備忘録です。


by nm24
プロフィールを見る

急遽、決めて久々1人旅をしてきましたーっ!!

…旦那が休みを3日取れるから、その間1人でどこか行ってきたら?と。(神)

日本でのマンツー1ヶ月&ドイツに帰ってきてからの1ヶ月(いつも日本から戻ると、ルールとかペースを戻すのに一苦労する)でヘロヘロになった私。

本当は8月に1人でヨガリトリートを考えていたのですが、せっかく休みを取ってくれたし、考える時間3日(笑)で、予約して行ってきました。


都市型ステイで、ベルリンとかアムステルダムとかパリとか考えましたが、パリ以外は電車で6〜7時間掛かり遠い。。

パリも何年か前に7月に行ったら、観光客で激混みだったため、ちょっと躊躇。


結局、近場?で、黒い森のシュルクゼー(湖)ほとりにあるウェルネスホテルにしました。

b0249902_17221876.jpg

マンハイムからフライブルクまでICで1時間半。

フライブルクからバスを乗り継ぎ約1時間。

バス停目の前がホテルでした。
b0249902_17312956.jpg

真夏日が続いていたマンハイムですが、こちらは涼しくて過ごしやすかったー。
b0249902_17230767.jpg

目の前は静かな湖が。
落ち着くー。
b0249902_17234418.jpg


ウェルネスホテルなので、ちゃんと部屋にプール&サウナセットがありました。
b0249902_17335317.jpg

毎朝朝食後にはプールへ。
毎回はじめの1時間は貸切ー。
b0249902_17241653.jpg

塩水の温水のプール。
ここで長い棒の浮き輪(スイムヌードル、スパゲティ)を駆使してプカーっと1時間ばかり浮いているのが最高にリラックス出来ました。
耳を水の中に入れたら、なんと、水中で音楽が流れているではないかっ!
こちらも1人でプカプカさせてもらいました。
b0249902_17243893.jpg
ちなみにプールは8歳から。
ホテルにはあまりファミリー客はいなかったけど、あの子達、プール入れなかったのか、、、と思うとちょっと可哀想に。


プール以外には、マッサージやフェイシャルもやったぞーっ!



こちらのホテル、3食付きだったのも良かった。
いちいち移動したり、考えたりしなくてよくて。

そして、ほとんどがシニア層で雰囲気がのんびり優しい感じ。

1人でいても、誰も気にしないし、ホテルの人も適度に話しかけてくれるし、干渉されず、孤独過ぎず、ちょうと良かった。

金曜日は前菜が魚介類ビュッフェ。
久しぶりに並ぶ魚介類にテンション上がる。
前日取れたものをフレッシュな状態で運んできているという生牡蠣もあったけど、こちらはとりあえず遠慮しときました 笑
b0249902_17323629.jpg

メイン
b0249902_17324597.jpg

デザートビュッフェ。
色々あったけど、もうお腹限界。
b0249902_17325643.jpg


レストランでは
7時半〜11時が朝食ビュッフェ
13時〜16時が昼食ビュッフェ(ベジタリアン)
16時にグリーンスムージー
13時〜17時がケーキとお茶
18時半〜が夕食
と、ほとんど終日何かが食べられます。

勿論、全て宿泊代に込み。

ヘルシーが売りなメニューだったので、かなり食べた気がするけど、身体はスッキリ。


午後のお茶。
本読みながらゆっくりと、、、普段はないな、そんな時間 笑
(結局3泊4日で4冊文庫本読みましたw)
b0249902_17330425.jpg


帰りは公共交通機関で使える券をホテルから貰い、またバス&電車で帰宅。
b0249902_17331156.jpg

また家に帰って嬉しい、と思えたから、私はリラックスできたのでしょう 笑


次はいつ行けるかなー 笑

1人旅、万歳っ!


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2018-07-07 17:20 | 旅行 | Comments(0)

ドラえもんって、ミュージアムないのかね??…と、ドイツでふっと思って調べたら、藤子F不二雄ミュージアムなるものがあるじゃぁないですか。

…知らなかったー!

で、ドラえもんをはじめ、パーマン、Q太郎、キテレツが大好きな坊と今回の帰国時に行ってきました。

(坊は漫画でこれらを読んでいるのですが、まだ字は読めない為、私が漫画朗読←結構疲れる漫画の朗読)


きたーっ!

はじめて土管がどんなものか、分かったみたい。

彼の日本語ボキャブラリーには

「空き地」

「裏山」

なんかがありますが、完全にドラえもんの影響。

b0249902_20201603.jpg

木こりの泉にて。
b0249902_20203347.jpg

どこでもドアもあったよー。
b0249902_20205319.jpg


藤子不二雄作品が読める漫画コーナー。
何時間いたことか、、、
b0249902_20211298.jpg



中の展示は撮影禁止でしたが、入場待ちの列で色々飾ってあり、胸が高鳴った←完全私も引き込まれる
b0249902_00044091.jpg

b0249902_00035482.jpg

ちなみに、うちで坊に、

「ドラえもんの歌、歌ってー」

と言われるので、歌うのですが、私の知っているドラえもんソングは大山のぶ代時代の歌。

ミュージアムで、うきうきにドラえもんソングを口ずさむ4歳児の口から出るのは、レトロな方の歌。

…今の子は、知っているのかなぁ?

(なお、ANAの便にドラえもんソングメドレーのCDが入っていて、帰りの便で何ループも聞いていた坊。←そして寝落ちたから、ドラえもん様々 …ようやく現代の歌も覚えました)



ミニシアターや遊ぶコーナーで、もう、全く動かない人。
b0249902_20233807.jpg

私はのんびりと休ませてもらいやした。
b0249902_20241579.jpg


結局5時間経ったところで説得して帰りました。

スネ夫やジャイアンの乱暴な口調を真似たりする弊害もありつつ、ランドセルとか野球とか、なかなかドイツに住んでいると知り得ないことも漫画を通じて吸収してくれるので、日本語&日本教育の面でかなりお世話になっている藤子F不二雄作品です。


また来るねー!
b0249902_20251705.jpg


◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2018-07-05 17:10 | 日本一時帰国 | Comments(2)

NIPTの結果(17週)


採血をしてから1週間で出ると言われた結果。

1週間後に電話してください、と言われました。


当日、電話をしたら、先生の手が空き次第折り返します、と言われ、携帯を握りしめる私。
(受付の人が教えてくれるのかと思ったら、やっぱり医師からなんですね)


間もなく折返しの電話が。


「!"#%&='()%`*+"* でした。」

と日常生活では使わないような、聞き慣れない言葉で言われたので、

「それってどういうことですか??」

と聞き返したら、

「すべて正常、異常なし」

と、平たいドイツ語で教えてくれました。



性別についてもお願いしていたので、合わせて教えてもらいました。



・・・私が思っていた通りの性別でした。
(坊のときも直感で男の子だと思っていたら男の子だった)



嗚呼、白黒がはっきりしました。


諸手を挙げて喜ぶ、というのは何だかお門違いな気がしました。

1度でも染色体異常のある子とお腹の中ではあったけれど、一緒に過ごしたことがある身として。

そして、近くてトリソミーの子を育てている人たちと接していて。



でも、はっきりと、方向性(=産む場所など)が決まったことがスッキリとしました。


前回、相当坊に残念な思いをさせてしまったため、これまでずっと、内緒にしていました。


この日はたまたま幼稚園がない日で、ずっと一緒にいたので、お医者さんから電話を受けた際も横にいて。

「なんでお医者さんからママに電話がくるの?」

と聞かれたので、もう解禁することにしました。



「ママのお腹の中に赤ちゃんがまた来たんだよ。次の赤ちゃんは元気だって。」


と言ったら、



「わーい、わーい!バンザーイ、バンザーイ!」

と何度も繰り返して喜んでいました。



・・・これからも、順調に進み、無事に生まれてきてくれることを願うばかりです。



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2018-07-03 19:51 | 妊娠・出産② | Comments(0)

日本での多忙な週末


(ドイツへ戻ってもう1ヶ月経ったのに、まだ日本の記事を書いている・・・)


今回、3回しかなかった週末。
そのうち1週は大阪に行っていたので、東京での週末は4日のみ。

いつも限られた日程で誰と遊んでもらうかは、迷うところです。


今回は、

土曜日①江ノ島&鎌倉
日曜日①横浜(原鉄道模型博物館&観覧車)
土曜日②多摩(ハグハグの森&多摩センター)
日曜日②代々木公園 

でした。




土曜日①江ノ島&鎌倉


都内の実家からここまではやっぱり遠い!
歩きたくないと騒ぎまくる坊。
日本の観光地には誘惑が多すぎて、特にガチャガチャはもう、爆破したいくらいな殺意を覚えました。
(何メートルか置きにあって、その度にほしいと言われ、うんざり)

結局、なんだかんだでトータル10キロ歩いて1日終了。
b0249902_16365893.jpg

b0249902_16371928.jpg







日曜日①横浜(原鉄道模型博物館&観覧車)

鎌倉の次の日は横浜。
一旦自宅に帰る気力は絶対ない、と思い、土曜日は鎌倉後、横浜入して前泊しました 笑


原鉄道博物館、個人が収集したとは思えない充実のコレクション!
整理券をゲットすると、子どもは鉄道模型の運転ができます。

鉄道熱がすっかり冷めた坊ですが、ちゃっかり運転しました。
b0249902_16373243.jpg

b0249902_16374536.jpg


この日も色々騒いでご同行頂いた皆さまにはご迷惑お掛けしたなぁ・・・。


b0249902_16380252.jpg




土曜日②多摩(ハグハグの森、多摩センター)

この頃の多摩動物公園駅のキッズフレンドリーな感じにはビックリします。
遡ること約20年前、私が大学生のときにこの駅を使っていたのですが、そのときは本当に地味な田舎の駅でしかなかった。。
b0249902_19030070.jpg
3月にオープンしたというハグハグの森。
週末は時間いくら、という料金体系で「高い!」と聞いていたけど、木のぬくもりを感じる室内の遊具施設やおもちゃがとてもよかったです。
値段だけのことはあった。

b0249902_19030548.jpg


朝のオープンと同時に行ったら、なかはガラガラ。
このように、独り占め。
b0249902_19031109.jpg


ここもガラーン。

b0249902_19031885.jpg



この上の部分、入って遊べるんですが、なんかもう、迷路みたいですごそうだった。
私は入らなかったため、坊も早々に出てきましたが・・・。

b0249902_19033822.jpg



ちゃんと各所にスタッフの人が立っていて、こういうところ日本はきめ細かい。
b0249902_19143187.jpg
園内を走るSL。
坊もしっかり乗りました。
この目でこの踏切を通る列車を見るまでは帰らない、の図。
b0249902_19143857.jpg
日曜日②代々木公園


天気のよい日曜日で代々木公園は賑わっていました。
ピクニックシート広げ、私は友達とまったり。
坊は、他の友達やその友達と遊んでいたので、楽な日曜日になってよかったー。

この日、ラオスフェスをやっていてランチはこちらから調達。
b0249902_19171977.jpg

・・・なーんて具合な週末をすごしていました。


坊は月~金で幼稚園へ行き、週末もこうして忙しく動き回っていたので、さぞ疲れたろうと思います。


やっぱり5月の日本は過ごしやすくてマル!です。







[PR]
# by new_message24 | 2018-06-25 18:16 | 日本一時帰国 | Comments(0)

日本の幼稚園・短期入園


今回の帰国のメインの目的は、

「坊の幼稚園短期入園」

でした。



昨年7月にお世話になった日本の幼稚園。

ドイツへ帰った後も、お手紙を出したり、

クリスマスにはプレゼントの詰め合わせを送ったり、

2月に2週間だけ日本に行った際も、手土産をもってご挨拶に行ったり、

とご縁を絶やさないようにして、今回も通園を快く承諾いただきました。

(うちの人、去年は暑さと通いたくなさとで散々だったので、断られるのではないか、と母は必死であの手この手を・・・苦笑)




去年はクラス人数の関係で、1つ上の年中さんに入れてもらっていたのですが、

今年も同じメンバー、同じ先生のほうがいいでしょう、ということで、1つ上の年長さんクラスに入れていただきました。



日本の平均からすると、6歳児の身長がある坊。

身体のサイズは全く違和感ないけれど、やはり成長面で1年の差はとても大きいので、どうだろう???

と思いましたが、そこはしっかりした日本の幼稚園児のクラスメイトが色々助けて、引っ張っていってくれました。

感謝。



クラスに去年もぐいぐい引っ張っていってくれたずば抜けて身長の高い女の子がいたのですが、

奇しくもその子の名前が「レナちゃん」。

(坊が好きなドイツ人のクラスメイトの名前がレイナちゃん)

そのレナちゃんが随分と坊の面倒を見てくれたらしく、

かわいい女の子が大好きな坊は、毎日うきうき♪と幼稚園へ通っていました。


あぁ、今年は本当に楽だったなぁ。

(自力自転車に20キロ近い坊を乗せて走る片道10分強はとっても辛かったけど)

朝も素直に準備してくれるし、

幼稚園につくと、勝手に中に入って消えていくし、

お弁当も食べてくれたし。←日本のお弁当に入っているものは食べないので、中身はドイツから持ち込み



幼稚園では、相変わらずのはちゃめちゃっぷりを発揮していたみたいですが、

そこは懐が深く、ドイツの先生なんかとは比べ物にならないほどの忍耐力と、力量のある先生方が、笑って対応してくださいました(涙)

b0249902_17473925.jpeg


幼稚園、サイコー!だっただけでなく、なんと、通園初日に大学時代の知り合いをお迎えママの中に発見!

同じ幼稚園の年長さんに男の子が通っている、とのことで、なんという偶然!!

早速、連絡先を交換し、次の日には子ども同士で公園で遊ばせてみました。


相手の男の子も、その友達曰く、一筋縄ではいかない幼稚園からちくちく言われる子、で、うちの坊と一緒ー!!!


クセのありまくる男子同士、はじめはどうかなー?と思いましたが、結局すごく打ち解け、2人で仲良く遊ぶようになり、いろんな意味で嬉しかった。

幼稚園の後の時間、何回も遊んで男子同士は交友を深め、

我々は、面倒男子あるある話で盛り上がり、お互い慰め合い、

この奇跡的な再会に心から感謝!

b0249902_17493929.jpeg



2週間の幼稚園通園。

坊は大好きな工作もたくさんやらせてもらったみたいだし、

田植えや筍の皮を剥くという貴重な経験もできたみたいだし、

去年の苦行並みの経験を乗り越え、また通わせられて本当によかったです。



日本の幼稚園、バンザイ!



◆◇◆ランキングに参加しています◆◇◆
今日も訪問有難うございました☆
以下、クリック頂けると嬉しいです!!


にほんブログ村

にほんブログ村


[PR]
# by new_message24 | 2018-06-22 17:44 | 日本一時帰国 | Comments(0)